≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

【口コミ・体験記】ワイキキ・マイタイカタマランで金曜日の花火鑑賞!予約方法、料金・クーポン、乗船場所、乗ってみた感想は?

スポンサーリンク

家族でハワイ旅行にやってきた、ふじたん(@shinjifujita)です。

妻と息子が初めてのハワイ旅行。ちょっとしたサプライズを演出したくて「マイタイカタマラン」に乗船して、クルージングしてきました!

 

本記事では、ハワイ・ワイキキ観光におすすめの「マイタイカタマラン」の乗船レポート。予約方法、料金・クーポン情報、乗船場所、乗ってみた感想を中心にまとめました。

そして、ワイキキカタマランの船上から見た「金曜日夜のヒルトンハワイアンビレッジからの花火」の動画も、本文中にて合わせて紹介!

日本語で予約可能!

マイタイカタマランの予約方法

マイタイカタマラン(Maita’i Catamaran)の主な予約方法はこちら。

主な予約方法

  • 現地アクティビティの予約サイトから(ベルトラ) ※日本語
  • 公式ホームページから ※英語のみ
  • 現地にて直接申し込み ※空席がある時のみ

 

結論から言うと、わたしがおすすめする予約方法は以下です。

おすすめの予約方法

ふじたん

えっ!?13歳の子供ってどういうこと!?

なぜ「13歳の子供の有無」で変わるのかは、料金のところで詳しく説明しますね。

マイタイカタマランの料金・クーポン情報

以下、2019年9月時点での情報です。

料金

マイタイカタマランの料金は以下です。

夕日鑑賞の「サンセットクルーズ」も、金曜日夜限定の「花火鑑賞付き」の場合も、どちらも同一料金です。3歳以下は無料。

料金(ベルトラ 料金(公式HP)
大人(14歳以上) 49ドル 49ドル
13歳 49ドル 25ドル
子供(4~12歳) 25ドル 25ドル

 

上記の料金のため「13歳の子供がいない場合」は、日本語で申し込める現地アクティビティサイト「ベルトラ」(Veltra)から申し込むと楽ですよ。

日本語で予約可能!

13歳のみ、公式サイトの方がお得です

それにしても、どうして13歳だけ違うのだろう・・・。疑問に思いますよね。

公式サイトにおいては「子供=4~13歳」「大人=14歳以上」という分け方なんですね。そのため、13歳=子ども扱いとなるため、4~12歳と同じ料金なんです。

マイタイカタマランの公式HPでは、13歳は子ども料金扱い

 

ただ、これはもしかすると設定ミスなのかも・・・?

別ページのイベント概要欄には「子供は4~12歳」($25 Children age 4-12)と記載されているんですよ(笑)

とはいえ、中学1年生の息子はまさに13歳!この恩恵にあずかり、今回は公式ホームペー「あああ」ジから予約しました。

クーポン情報

マイタイカタマランのクーポン情報は、見つけられませんでした(2019年9月時点)

ただ、他の現地オプショナルツアーと組み合わせることでお得なツアーを組めるので、体験したいレジャーがあれば合わせてチェックすることをおすすめします!

たとえば「ベルトラ」なら、2人目無料のモニターツアーが多数!

まっぷるアクティビティの場合、マイタイカタマランのクルージングはありませんが、100ドル以上のツアーを申し込むとレンタルWi-Fiを無料で借りられます!

スポンサーリンク

マイタイカタマランのアクセス・おすすめ持ち物

アクセス

はじめてハワイ・オアフ島に行く人。要注意です。

一度行くと「あぁ~、ここだったのかぁ!」と納得するのですが、厳密にいうと行き方が2つしかないんです。乗船案内のメールをきちんと読まずに行ったら、30分以上歩き回りました・・・(苦笑)

 

以下いずれかの方法でないと、乗船場所にいけません。

  • ハレクラニから「カリヒロード」をロイヤルハワイアン方面に突き当たりまで進む
  • シェラトンワイキキのロビーから海側に進み、右側にあるバーを抜けて階段を降りる

ハレクラニ側から行く場合

ハレクラニから行く場合は、ホテルのロビー前にある道(カリヒロード)をシェラトンワイキキ方面(=アラモアナと反対側)に進みます。

突き当りに下の写真の小道があるので、ここから入ります。

マイタイカタマランの乗船場所に向かう道(ハレクラニ側から)

シェラトンワイキキ側から行く場合

シェラトンワイキキから行く場合は、ホテルのフロントから海方向にひたすら進むと、海沿いに面したレストランバーがあります。

突き当りを右に曲がり「edge」(エッジ)というレストランバーを突っ切って、そのまま道なりに進み階段を降りると到着します。

マイタイカタマランの乗船場所に向かう道(シェラトンワイキキ側から)

 

到着すると「確かに、ハレクラニ と シェラトンワイキキ の間だよ!」と納得します。ところがこれが本当にわかりづらい。

赤い屋根の受付デスクにて、予約時の氏名と人数を伝えてしばらく待ちます。

マイタイカタマランの受付デスク

出発時間の30分前に集合、15分前に乗船

今回は金曜日夜の花火鑑賞付のクルーズ。

19時30分に乗船開始。19時ちょうどに到着しました。というか、18時半にはすぐ近くにいたんだけど(笑)

サンセットクルーズで夕日鑑賞をした人たちが戻ってきて、19時15分ごろに乗船が始まりました!

マイタイカタマランがサンセットクルーズから戻ってきた

 

ちなみに「カタマラン」とは、甲板の下に2つの船体がある双胴型のタヒチ風ヨットのことをいい、かつては貿易のために使われていたんだって!歴史のある船なんですね~。

おすすめの持ち物

マイタイカタマランの乗船時のおすすめの持ち物は以下です。

おすすめの持ち物

  • サンダル
  • フェイスタオル(手足をふく用)
  • 濡れてもいい服装(ショートパンツがおすすめ)
  • 羽織るもの(冷え性の人)
  • 酔い止め薬(子供や酔いやすい人)

 

乗船するときは「裸足」になり、履き物や荷物はすべて船内に持ち込みます。座席の後ろが空洞になっていて、そこに保管(もし乗船中に移動する場合は忘れずに!)

波しぶきとかで少々濡れる場合があるので、濡れても大丈夫な服装がいいですよ。また、子供や乗り物酔いしやすい人は「酔い止め薬」があると安心です。

 

乗船するときは、波が引いたタイミングを狙ってはしごを登ります。結構な強さの波なので、ヒザ丈ぐらいまでは濡れてもいい服装がいいですよ。

運動音痴な妻がタイミングを取れずに「キャーキャー」言ってました(写真撮ってて手助けせずゴメンなさい・・・)

ワイキキカタマランははしごを上って乗船します

 

約50名くらいの船で、座席指定はなく順々に空いているところに座ります。遮るものが少ない分、両端の海側から順々に埋まっていく感じですね~。

マイタイカタマランは約50名ぐらいが乗れる船です

 

さぁ、ナイトクルーズに出発します~!

夏のナイトクルーズは暗くなりつつある中で出発!

マイタイカタマランに乗船してみた!

飲み放題のメニュー

マイタイカタマランで嬉しいのは、なんといっても「ドリンクが「飲み放題」なこと!

バドワイザー、マイタイ、シャンパン、ワインなどのアルコールや、コーラ、ジュース、ミネラルウォーターなどのソフトドリンクがあります。ドリンクコーナーに料金が書かれていますが、これは無視して大丈夫です。

ビールはその場でサーバーから注いでくれるし、マイタイもカクテルのシェイカーをシャカシャカして作ってくれます。

マイタイカタマランでマイタイを飲んでみた

 

私が乗船したときは、アルコールの注文時にも「パスポート提示」は不要でしたよ。ただ、念のため持参する方がいい気はします(ハワイの場合、レストランによってはパスポート必須ですからね)

金曜日夜の花火はどう見えるの?

金曜日夜のナイトクルーズの楽しみは、ヒルトンハワイアンビレッジで開催される花火鑑賞!いままで何度も目にして耳にしてきた花火を、船上で見られるのはやっぱり新鮮!

GoPro をつかって、記念に動画にまとめましたよ~。

 

約5分くらいの花火なので、花火がメインというより「花火を見ながらクルージングを楽しむ」と考えるといいでしょうね。短い時間でも、やっぱり普段味わえない体験にテンションが上がりましたよ!

なお、7月4日(独立記念日)の花火鑑賞は、25分くらいあってバッチリ見所ありです(スタッフさん情報)

花火を見終わった後はクルージング

ナイトクルーズは19時30分から21時00分までの約90分間(10月~2月は、19時00分から20時30分)

ヒルトンハワイアンビレッジの花火が終わってからも、約1時間弱のクルーズがあります。これが意外と(?)ワイキキビーチをかなり広範囲に移動するんですよ。

花火鑑賞のあとは、約1時間のクルージング

 

乗船している人たちも、船上で記念写真を撮ったり、ダイヤモンドヘッドの上に見えた満月を写真におさめたり。

ビール1杯にマイタイを2杯飲んで、ほろ酔い気分で乗船場に戻ってきました~。

乗船場の横にシャワーがあるので、そこで足についた砂も洗うことができますよ。

シャワーがあるので足についた砂も取れます

チップは必要なの?

降りる際、チップを入れるボックスが有りました。ただ、レストランではないので、チップは強制ではありません。

ほとんどの人がチップは入れていなかったですね~。私たちもチップを払わずに下船しました。

スタッフさんに写真撮影をしてもらったとか、すごく満足だった!というときに支払うぐらいでいいと思います。

日本語で予約可能!

スポンサーリンク

マイタイカタマランのメリット・デメリット

実際にワイキキカタマランに乗船してみてわかった、良かった点(メリット)・ちょっと残念だった点(デメリット)を紹介しますね。

良かった点:花火を船の上から見られる

ワイキキで滞在する人にとって、ヒルトンハワイアンビレッジの花火は毎週金曜日の楽しみ。

今回、妻と息子くんの初ハワイだったので、ちょっとサプライズを演出したかったんですよ!「花火を船上で見られる」のは、大人にも子供にもすごく思い出になります。

良かった点:飲み放題でお得にクルージングできる

ドリンク飲み放題も含めて、大人49ドル子供25ドル(=親子3人で123ドル)

物価の高いワイキキで夕食をしっかり食べると、簡単に同じくらいの料金になりますよね。夜ご飯は軽めにして、お得にハワイ観光を楽しみたい人にもぴったり!

また、親子孫の三世代みんなでも参加しやすいのもいいところ!

ちょっと残念:夜の景色は若干飽きやすい

ナイトクルーズの場合、花火鑑賞が終わると「真っ暗」な海の中をクルージングします。

東京湾クルージング」とかみたいに、ライトアップされたビル群などの夜景を楽しむ感じではありません。

 

正直なところ「花火鑑賞」よりも「景色重視」の人なら、刻一刻と景色が変わる「サンセットクルーズ」方が楽しめるでしょうね~。

冬季だけではなく夏季も乗船時間が「19時00分から20時30分」だったら、だんだん暗くなる日没間際も見られて最高なのに(これは本当にお願いしたい・・・!)

ちょっと残念:船酔いしやすい人は注意

私と妻は大丈夫でしたが、空腹なタイミングで乗ったからか、息子くんは花火を見終えた後から船酔いに・・・。(ちなみに、船上でご飯や軽食を食べるのはおすすめしません)

約50名くらいの小型船で、大きな揺れはありませんが小さな揺れは続きます。

あまりクルージングに慣れていない子供や三半規管が弱くて酔いやすい人は、「酔い止め薬」を持参して乗船前に飲むのがベターです。

マイタイカタマラン【まとめ】

本記事はワイキキ観光におすすめな「マイタイカタマラン」(Maita’i Catamaran)の乗船レポートでした。

ハレクラニ や シェラトンワイキキの目の前から発着するので、ワイキキビーチをお散歩しながら行けるし、親子孫の三世代みんなで遊びやすいし、初めてハワイに行く人もオススメです。

次回は、サンセットクルーズで夕日が沈むのを海上から眺めながら一杯やりたいなぁ~。

 

予約は下記のベルトラ(Veltra)がポイントも貯まり、オンライン最低価格保証なのでおすすめ!

日本語で予約可能!

 

せっかくクルージングをするなら、豪華な食事をとりながらクルージングをしたい!

そんな人には「豪華客船 スターオブホノルル号」がおすすめ!たっぷりの乗船時間で、サンセットと夜景クルーズ・花火鑑賞をワイキキから送迎付きで味わえますよ!

豪華客船でディナー付!

合わせておすすめのハワイ旅行情報

ハワイ・オアフ島の旅行を満喫するなら、こちらもおすすめ!

【保存版】ハワイ・ホノルル 行く前に知っておくべき!観光・旅行情報、おすすめのグルメやホテル情報、注意事項【まとめ】 ハワイ旅行の海外WiFiレンタル【2019年版】各社の料金プラン、必要なデータ容量やおすすめを紹介 【JALカード】ハワイ旅行や海外旅行に持っておくとお得なクレジットカード。メリット・デメリットは? 【初心者必見】ハワイでゴルフをするには?予約方法、料金・レンタル用具、日本との違いや注意点、服装・おすすめ持ち物を紹介 ハレクラニ ハワイ【口コミ・宿泊記】ホノルルでおすすめNo.1ホテルを徹底レポート!部屋の設備、プール、朝食、泊まった感想

 

>>ハワイ旅行のまとめページに戻る

スポンサーリンク

konoha