≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

【体験記・口コミ】タートルベイ・リゾートでゴルフ│予約方法や送迎、料金、レンタルクラブ、売店、飲食、コース情報や感想は?

スポンサーリンク

5年越しの念願だった、ハワイでのゴルフができてすっごく嬉しかったふじたん(@shinjifujita)です。

家族で夏休みにハワイ・オアフ島に行ってきました。妻に相談して許可をもらえたので、旅行の合間に「タートルベイ・リゾート」にて息子とゴルフをしてきたんですよ。

 

今回は、初めてタートルベイ・リゾート(Turtle Bay Golf)でゴルフをプレーする人向けの記事です。

この記事で分かること
  • タートルベイ・リゾートのゴルフの予約方法
  • 料金やワイキキからの送迎について
  • レンタルクラブについて
  • 売店や飲食情報
  • コース情報、ラウンド時の思い出や日本との違い

など、タートルベイを実際にラウンドしてわかった、体験談(口コミ情報)をとことんレポートします!

タートルベイでのゴルフの予約方法

タートルベイの予約方法

タートルベイ・リゾートでゴルフをするには、大きく3つの予約方法があります。

タートルベイの予約方法

今回は「タートルベイ・リゾート」のホテルにも宿泊したので、公式ホームページから予約しました(宿泊客の場合、非宿泊客より30ドル/人ぐらいお得なんです)

※ホテル自体の宿泊レポートは、後日に別記事でアップします。

タートルベイの料金(プレー代・レンタルクラブ代)

予約するときの流れは、基本的には「日本のゴルフ場」と同じです。

ゴルフ場は2コース

  • アーノルドパーマーコース
    (ノースショアの自然に囲まれたトーナメントコース、2008年までPGAチャンピオンズ・ツアー「タートルベイ・チャンピオンシップ」も開催)
  • ジョージファジオコース
    (初心者でもプレーしやすい海の見える老舗のコース、過去にLPGAツアーのハワイアンオープンも開催)

 

上記の2つのゴルフ場のうち、パーマーコースの方が有名です。

公式ホームページの場合は「希望日・希望コース・空いているスタート時刻」から選ぶ方式。基本的には4人1組なので、2人でプレーする場合は「他の人と組合せ」になる場合があります。

公式ホームページでの料金は以下です(プレー代、グリーンフィ、乗用カート代込み、税抜)

パーマーコース 午前(宿泊者) 午前(非宿泊者) 13時以降(共通)
18ホール 169ドル 199ドル 129ドル
追加9ホール 75ドル 75ドル 75ドル
9ホール 99ドル 99ドル 99ドル
ジュニア(~17歳) 100ドル 75ドル 75ドル
ファジオコース 午前(宿泊者) 午前(非宿泊者) 13時以降(共通)
18ホール 119ドル 129ドル 89ドル
追加9ホール 50ドル 50ドル 50ドル
9ホール 69ドル 69ドル 69ドル
ジュニア(~17歳) 75ドル 75ドル 50ドル

レンタルクラブは大人65ドル、ジュニア(~17歳)は15ドルです(スペックや詳細は、後ほど説明します)

また、予約時に別途デポジットがかかります(税抜5ドル)

ワイキキからの送迎付プランについて

ふじたん

タートルベイに宿泊するのではなく、日帰りでゴルフをプレーしたい!

そのような人は「まっぷるアクティビティ」「ベルトラ」(VELTRA)などのオプショナルツアーでの予約が便利です。ワイキキからの送迎付プランもあります。

公式サイトでも「送迎付プラン」はありますが、送迎時間が1種類のみなのでちょっと不便。

朝6時台にカハラやワイキキのホテルを巡回し「最大10名の乗り合い・送迎+プレー費の合計」で、パーマーコースで225ドル、ファジオコースで155ドルです。

日本語で予約可能!

タートルベイの受付、レンタルクラブ、練習環境

受付とクラブハウス

ラウンドの受付も兼ねたゴルフショップにて、予約名やスタート時間を伝えて、プレー前に支払います。

タートルベイのクラブハウス&ゴルフショップ

 

プレー代の支払いは、ホテルの宿泊費と一緒/別々のどちらでも可能。さらに「空き」があれば、直前のスタート時刻変更も可能。

本当は7:30スタートで予約していたのですが、ホテルの朝食が7:00からだと判明!スタート時間を交渉してみたところ、唯一空いていた8:20に変更できました。

レンタルクラブが素晴らしい

タートルベイは何といっても「レンタルクラブ」がとっても充実!タイトリストのクラブで統一されていて、以下が用意されています。

レンタルクラブ(右打ち・硬さS)

  • ドライバー・フェアウェイウッド:TS2
  • ユーティリティ:818H1 ハイブリッド
  • アイアン:AP2(硬さR/レディースの場合は、AP1)
  • ウェッジ:ボーケイ SM7
  • パター:スコッティキャメロン

 

シャフトもスチール、カーボンから選べますし、レディース用のレンタルクラブやジュニア用の短いクラブも揃っています。

タートルベイのレンタルクラブ

 

13歳、155センチの息子には、レディース用のクラブを用意してくれました(ジュニアのレンタル料金15ドルで)

更にレンタルクラブを申し込むと「大人1名につき、ボール6球(2スリーブ)のプレゼント」もあります。これはお土産にもアリ!

レンタルクラブを申し込むと記念ボールももらえます

天然芝からの練習が無料

クラブハウスの目の前には、ジョージファジオコース用の練習場と1番ホール。

アーノルドパーマーコースの場合、2人用の乗用カートで5分ほど移動して、1番ホールの手前にドライビングレンジがあります。

ボール代は無料で天然芝から打ち放題!天然芝から練習できて、やっぱりこの環境は最高ですよねー。

天然芝で無料で打ち放題の練習場

練習場の向かいには、パッティンググリーンもあります。

スポンサーリンク

タートルベイの売店、飲食、レストラン情報

飲み物はしっかり準備しよう

ハワイの日差しは日本の夏よりも強く、汗もかくので水分補給が大事!

クラブハウス内でソフトドリンクを買うのが便利ですよ。

クラブハウスでお土産探しのついでにドリンクも確保しよう

もし軽食もほしい場合は、タートルベイのホテル本館の1Fに「ABCストア」のような売店があります。クラブハウスからは、徒歩で片道10分くらい(営業時間:朝7:00~)

ハワイでゴルフをプレーするときのおすすめの持ち物や基本情報は、以下の記事に詳しくまとめています。

【初心者必見】ハワイでゴルフをするには?予約方法、料金・レンタル用具、日本との違いや注意点、服装・おすすめ持ち物を紹介

>>ハワイでゴルフのときのおすすめ持ち物

14番のフードトラックはスパムむすびが美味い!

14番ホールのティーグラウンド前に、パーマーコース内で唯一の売店があります。

パーマーコース内の売店は14番ホールにあります

 

トラックのお姉さんに聞いてみたところ、いつもこの場所にて9時~15時のみ営業。

キンキンに冷えたソフトドリンクや缶ビール、軽食が揃っていて、ラウンド終盤に向かう前の小腹満たしにぴったり。

キンキンに冷えたドリンクを見るだけでテンションが上がります!

スパムむすびやサンドイッチなどの軽食もあります

 

フードトラックの主なメニュー

  • スパムむすび:3ドル
  • コーラ:2ドル
  • ドリンク:缶ビールや缶ジュースなど
  • 軽食:パン、サンドイッチ、フルーツ、チョコチップクッキーなど

 

氷の入ったキンキンに冷えたコーラがとにかく美味しい!!

ラウンド中にコーラとスパムむすびで軽食

 

フードトラックのお姉さんにお願いすると写真も快く撮ってくれます。息子くんにチョコチップクッキーをくれた上に撮影もしてもらえたので、お礼にスパムむすびをもう1つ買いました。

タートルベイの14番ホールで、記念写真も撮ってもらえました

クラブハウスにはレストランも併設

ハワイでは18ホールのスループレーが基本。

ラウンド終了後にお腹がペコペコだったり一杯飲みたい人は、ショップに併設のレストラン「レイレイ」(Lei Lei’s)にて食事も可能です。

クラブハウスに併設のレストラン

 

店内のテーブル席に開放的なテラス席もあり、すぐ目の前にはファジオコースの1番ホール。

日本のゴルフ場のクラブハウス内のレストランに比べて、コースから近い!ホテルの宿泊客もラウンドのみでの利用でも、自然が広がる中でビールを飲みたくなります!

クラブハウス併設のレストランは目の前に芝生が広がる!

 

朝7:00~夜10:00まで営業しており、プレートランチ、お肉料理や魚料理、パスタなどや、ビールやワインのアルコールも充実しています。詳しいメニューはこちら(英語)

 

さぁいよいよ!お待ちかねのタートルベイ(パーマーコース)のコース情報ですよー。

日本語で予約可能!

スポンサーリンク

タートルベイでラウンド!コース風景や流れは?

スタートの進行はかなりルーズ

今回はアーノルドパーマーコースで、8:20にスタート。

すぐ近くの練習場でウォーミングアップをしていても、時間になったら呼び出されるでもなく、1番ホールに到着した人から順次スタート。

タートルベイ・パーマーコースの1番ホール

 

もし自分よりスタート時間が早い人が遅れて到着しても、先に到着した人からプレーを開始します。

8:00スタートの日本人3人組があとから来たのですか、そのまま先にスタートしました。

2サムでゆったりプレーできた!

通常は4サム(4人1組)ですが、運がいいと2サム(2人1組)で回れます。

息子と二人で予約していたので、もともとは組合せと聞いてましたが、相手が来なかったのでそのままスタート。ちょっと不安だったのでラッキーでした!

まっぷるアクティビティ」「ベルトラ」(VELTRA)などのオプショナルツアーで予約の場合は、追加料金を払えば2サムも指定もできますよ!

MEMO

日本のゴルフ場でも、特に土日祝は2サム・3サムは追加料金がかかります。料金制度としては日本もハワイも同じですね。

ティー位置は全部で5種類。ちょっと日本と異なります

ティー位置は全部で5種類。距離の長い順番に「ブラック/ブルー/ゴールド/ホワイト/レッド」の順番です。

ティーボックスは全部で5つ

 

ホワイト/ゴールドの順が日本とは逆ですね。いわゆる「白ティー」はハワイでは「ゴールドティー」になります。レディースティーがあるのも女性には嬉しい!

18ホールで、ゴールドティーは6225ヤード、ホワイトティーは5574ヤード、レディースティーは4851ヤードです。日本のゴルフ場と同じような距離ですね。

パーマーコースのスコアカードとヤーデージ表

カートは日本語有りでGPSナビ搭載

乗用カートは2人乗り。日本語対応がバッチリ!

乗用カートには、英語/日本語/韓国語の併記

 

しかも「GPSナビ搭載」なので、タッチパネルで落下地点を押すと各地点の距離も見られるんですよ。これは優秀!というか高品質すぎて、日本のゴルフ場でも当たり前になるといいなぁ~!

タートルベイの乗用カートはGPSナビが優秀!

 

乗用カート左側後方(キャディバッグの横)には、氷に入ったクーラーボックスもあります。すばらしいサービス!!

乗用カートには氷入りのクーラーボックスもあらかじめ備わってます

14番ホールから一気に景色が変わる!

タートルベイ・リゾートはすぐ目の前に海が広がる・・・かと思いきや、実は違うんです。

タートルベイは青々とした空の下でのリンクスコース

 

前半は「スコットランドのリンクス」を彷彿とさせるコース、後半は「トロピカルなセッティングで、ジャングルとアイアンウッズの森の中でのプレー」という評判の通りに、実はプレー中に海はほとんど見えません。

池のハザードが効いたフラットなコースです

 

ところがパーマーコースは、14番ホールから海方向に向かい一気に雰囲気が変わります! ※ティーボックスの横に売店があるので、それが目印!

14番ホールのティーボックスから。一気に視界がひらけます!

17番ホールのグリーンが絶景!

そして、コース上で最大のハイライトは「17番ホール」のグリーン

赤土のバンカーをたくさん超えて、打ち上げのセカンドからグリーンにたどり着くと・・・

パーマーコースのクライマックスは17番に待っています

 

グリーン上から見える海に一気にテンションが上がるんですよー!!

17番のグリーン上からエメラルドグリーンの海が見えた!!

 

ここだけは、プレースピードを速めて後ろの組と間隔を空けるといいですよ。カップインした後も「自撮り棒」で息子くんと記念に遊んじゃいました。

17番ホールのグリーン上は、たっぷり堪能したい!

19番ホールに更なるクライマックスが待っていた!

名残惜しい気持ちで最終ホールの池越えの3打目(無事にグリーンに乗ってよかった~)

最終ホールも池越えのパー5です

 

18ホールのスループレーで、約4時間のあっという間のプレーが終わりました。朝8:20にスタートして、終了したのは12:20ごろ。

2サム・スループレーだったので4時間でホールアウト!

 

ふじたん

念願のタートルベイをラウンドできて、気持ちよかったーーー

息子くんと余韻に浸りながら、カートに乗ってクラブハウスへ戻ろうとすると・・・

 

うみーーー!!!

 

クラブハウスに戻る途中に、海岸線の近くを通ります!

 

ラウンドの心地よい疲れを一気に吹き飛ばす絶景が、最後の最後に待ってるんですよ!!

いやーーー、これが気持ちよかった。ちょっと立ち止まって、誰もいない貸切状態のビーチに進んでしまいたくなるほど!(クラブや貴重品の管理はしっかりとね)

タートルベイはやっぱり海の近くにあるゴルフ場でした!

 

ここまで計算されているこのゴルフ場、なんなの!?

最高の思い出に浸りながら、クラブハウスに戻ってレンタルクラブを返却し、ショップで実家の父親向けのお土産探しをして、ラウンドを終えました。

MEMO

クラブハウス内に、ロッカーとシャワーもあります。宿泊客の場合は、あらかじめホテルのフロントで予約しておくと「チェックイン後」でもシャワー利用が可能です(先着順)

スポンサーリンク

タートルベイはハワイを感じられるいいコース

タートルベイ・リゾート。ずっと回ってみたかったゴルフ場でプレーできて感無量でした。

コースは広くて平坦で回りやすく、GPS搭載の乗用カートも日本語対応でサービスも行き届いています。そしてラウンド終了後の「19番ホール」での感動体験まで!

 

こんなに気持ちよかったのに加えて、息子くんのベストスコア更新というプレゼントまでありました☆★

ハワイでゴルフをするのなら、タートルベイ・リゾート(Turtle Bay Golf)はぜひおすすめしたいゴルフ場でしたよ!

タートルベイは、ハワイ・オアフ島に来たら一度はプレーしたいゴルフ場!

 

タートルベイ・リゾートのゴルフ予約は以下から行えます。

タートルベイの予約方法

 

タートルベイの予約で、最もおすすめなのは「まっぷるアクティビティ」です。

選べるゴルフ場が多いのに加えて、申し込む時期によって「まっぷる電子書籍を予約者全員にプレゼント」「Wi-Fiルーター無料レンタル」「ワイキキでプロカメラマンによる写真撮影が1枚無料(8,000円相当)」などの特典があるのが嬉しいポイント!

また、ワイキキショッピングプラザに「現地サポートデスク」もあるので、急遽ツアーを追加したり相談したりも可能。

CHECK NOW

 

タートルベイ・リゾートはどんなホテルなの?ラウンドと合わせて宿泊すると、このリゾート施設の魅力がもっと分かります!

<近日中に公開予定>

 

ハワイでゴルフをプレーするときのおすすめの持ち物や基本情報はこちら!

【初心者必見】ハワイでゴルフをするには?予約方法、料金・レンタル用具、日本との違いや注意点、服装・おすすめ持ち物を紹介

>>ハワイでゴルフのときのおすすめ持ち物

 

ゴルフ場の景色やラウンド中の思い出をその場でアップしたい!「ハワイでおすすめのレンタルWifi」は、以下に詳しくまとめています。

ハワイ旅行の海外WiFiレンタル【2019年版】各社の料金プラン、必要なデータ容量やおすすめを紹介

>>ハワイのレンタルWiFiを比較する

 

>>ハワイ旅行のまとめページに戻る

スポンサーリンク

konoha