≫ 全カテゴリ一覧はこちら

ハワイでレンタカーを予約する方法│おすすめのレンタカー会社や比較ポイント、料金・お得に借りるコツ、当日の流れや注意点を解説!

スポンサーリンク

ふじたん

本記事では、ハワイ・オアフ島を旅行するときにレンタカーでドライブしながら観光したい人向け。

ハワイ・ホノルルでレンタカーを借りるときの流れや料金相場や、レンタカーを日本から予約する方法、当日の流れなどを詳しく解説します。

家族でハワイ旅行に行った時に、レンタカーを3日間借りてあちこちに行ってオアフ島を満喫してきた、ふじたん(@shinjifujita)です。

 

「天国の海」と言われるラニカイビーチで遊んだりカイルアタウンを散策したり。

ハレイワまで行って本場のガーリックシュリンプを味わったり、タートルベイ・リゾートに宿泊して翌日には親子でゴルフをしたり。

 

ワイキキやアラモアナで観光やショッピングも楽しいのですが、っぱりハワイ・オアフ島では車があると行動範囲が広がるんですよ!

ということで本記事では、ハワイ・ホノルルでレンタカーを借りるときの流れを詳しく解説。

レンタカー会社の選び方やおすすめの予約サイト、借りられる車種やサイズ、料金相場やお得に借りるコツ、予約するときに知っておくと便利なことなどを紹介します!

 

レンタカーを予約するなら、日本から予約サイトで借りると便利ですよ。

イージーレンタカー」なら「日本語で予約できて」「格安のレンタカー」が見つかります。

▼常時更新!最新キャンペーンはこちら!▼

⇒ ハワイ・ホノルルの格安レンタカー検索・比較【EasyRentCars】

 

CHECK NOW

 

読みたい項目からサクッと確認したい人は、以下の読み飛ばしガイドもご活用ください。

ハワイでレンタカーを借りる│免許証と運転の基本情報

まず、ハワイでレンタカーを借りるときの基本情報をお伝えしますね。

以下のことを覚えておきましょう。

 

ハワイで運転するときの基本

  • 国際免許証がなくても、ハワイでは運転ができる
  • 「日本国内の運転免許とパスポート」があれば、運転ができる
  • ハワイはアメリカなので、車は「右側通行」「左ハンドル」
  • 赤信号でも、対向車がいない場合は右折していい(ただし「NO TURN ON RED」と書いてある標識はNG)
  • スピード標識の単位は「マイル」(スピード違反に注意!)

 

つまりハワイで運転するときには、「国際免許証」(=海外で車を運転するときに必要)は必須ではありません。

日本の免許証+パスポートがあれば、借りることが可能です。

ただし「在ホノルル日本国総領事館」において、「翻訳代わり」としての国際運転免許証の持参を推奨しています。

事故や違反で取締りを受けた際,日本の運転免許証を示したにもかかわらず無免許運転として処理されることがあります。これらは,警察官の誤解と言わざるを得ないのですが,無免許運転として現場の警察官から呼出状を交付された場合,本人若しくは代理人(弁護士等)が裁判所に出頭する以外解決する方法がありません。

このため,ハワイ州内の警察等に対して,日本の運転免許証の解説書(英語版)を送付するなどして,日本の有効な自動車運転免許証は入国後1年以内に限りハワイ州内でも有効であることを現場の警察官に理解していただくよう努めているところです。しかし,依然として,当地の警察官が日本の運転免許証を認識できない可能性もありますので,念のため,翻訳代わりとして国際運転免許証も携行することを強くお勧めいたします。

引用:ハワイ州で車を運転する方へ(在ホノルル日本国総領事館)

 

わたし自身は、ハワイで国際運転免許証を提示する必要性に迫られたり、手元になくて困ったことはありません。

ただし、運転に自信がない人や、英会話がまったくできない人にとっては、国際運転免許証があると安心です(有効期限1年間で、手数料は2,350円)

 

国際運転免許証(国外運転免許証)の取得方法は、以下に詳しくまとめています。

国際運転免許証(海外免許)の取得方法│申請場所や有効期限、料金、写真サイズ、日本の免許証で運転できる国は?

ハワイのレンタカーの料金相場と注意点

ハワイで借りられる「レンタカーの料金相場」をご紹介しますね(※一般的な保険料も加算された金額)

ただし、レンタカー会社や旅行の時期、また保険などのオプション内容によって金額は変動します。レンタカーの予算を考えるときの「大まかな目安」としてご確認ください。

レンタカーのサイズ・大きさの目安・料金の目安

レンタカーのサイズ・大きさの目安・料金の目安を一覧にしました。

<主なサイズと料金の目安>

サイズ 人数目安 スーツケース 料金の目安/1日
エコノミー 4人 1~1.5個 8,000~10,000円
コンパクトカー(小型車) 5人 1.5~2個 8,000~10,000円
ミッドサイズ(中型車) 5人 2個 10,000~12,000円
フルサイズ(大型車) 5人 3個 11,000~13,000円
SUV(ジープなど) 5人 2~3個 14,000~16,000円
ミニバン 7~8人 4個 14,000~16,000円
オープンカー 4人 1~2個 14,000~16,000円

レンタカーは基本的に24時間単位

ハワイでレンタカーを借りるときは「24時間単位」の場合がほとんどです。

日本のレンタカー会社のように「6時間単位」とか「延長1時間につき◯ドル」という料金プランはまず見かけません。

24時間、48時間、72時間・・・というように、借りる時間と返す時間をふまえて「1日単位」で期間を決めるといいですよ。

CHECK NOW

ハワイでレンタカーを選ぶときの比較ポイント

「ハワイ・ワイキキでレンタカー会社を選ぶときの比較ポイント」を紹介しますね。

レンタカーを選ぶときは、以下に注意した上で車種やプランを選ぶといいです。

レンタカーの車種や料金

必要なレンタカーの大きさ(車種)は、同乗する人数と合わせて「旅行用のトランクがあるかどうか」で変わります。

車種によっては「トランクの容量が思っていたより小さい・・・」ということもあるので要注意。

 

私の経験談では、ちょっと余裕を持って「このサイズより小さいと困る」というサイズより一回り大きいと安心です。

以前に、ジープ(=ミニSUVサイズ)を借りたときは、5泊7日の旅行用の「トランク3つ」を載せたら他の荷物はほとんど置けませんでした。

営業所の立地と営業時間

車を借りるときの、レンタカー会社の営業所の場所と営業時間も大事です。選び方のポイントは以下です。

営業所の選び方

  • 宿泊するホテルから行きやすい
  • 営業時間(開店時間と閉店時間)

 

宿泊するホテルからの距離が徒歩圏内だと、楽に借りられます。

営業時間を確認するときは、「レンティングカーズ」の「ワイキキレンタカー6社14営業所の一覧」がとっても参考になります(2019年9月5日時点)

 

すべての営業所において、営業開始は朝7:00か8:00のいずれかですが、閉店時間は14:00から21:30までバラバラです。

保険プランと内容の充実度

事故などのトラブルが起ってしまったときに必要になるのが保険です。

基本的には「万が一の事態に備えて補償内容を充実させる」ことが、いざというときの安心につながります。

 

レンタカーの運転のときには、自分が事故を起こすことの他に、トラブルに巻き込まれる場合もあります。

わたしも以前に「タイヤがパンク」してしまい、レンタカー会社のロードサービスを使ったことがあります(駐車中に、見知らぬ人にナットのようなものを刺されていました・・・涙)

ハワイでレンタカーのタイヤがパンクしたことがあります

 

このときは、レンティングカーズの「充実プラン」(Premium Protection)というプランに加入しており、電話で詳細を説明したらロードサービスのスタッフが来て、スペアタイヤに交換してくれました。

「保険内容」(補償内容)は、不安を感じないぐらいに充実させることがおすすめです。

CHECK NOW

ハワイのレンタカーを日本から予約する方法

ハワイでレンタカーを借りるのなら、日本から予約がおすすめ!

特に、「ゴールデンウィークや夏休み、年末年始」などの混み合う時期は、早めに予約することが吉ですよ!

わたしが夏休みの旅行用に予約したときは、約3週間前には予約を行いました(この時点で結構埋まっていました・・・)

日本からレンタカーを予約するときの大まかな流れ

以下、日本からレンタカーを予約するときの大まかな流れです。

 

大まかな流れ

  • イージーレンタカーレンティングカーズなどの予約サイトで営業所を探す
  • 貸し出し日時、返却日時を指定し、ドライバー情報を入力し、希望のプランを予約
  • 予約票の紙を印刷する(これが重要!)
  • 指定した営業所で車を受け取り利用開始。指定場所へ返却

予約にはレンタカー比較サイトを活用しよう

複数あるレンタカー会社の中で「サービスがよい会社はどこか」「最安値はどこか」などを自分で調べるのはなかなか大変です。

選ぶときにおすすめしたいのが「イージーレンタカー」(EasyRentCars)です。

 

イージーレンタカー」は、バジェット、ハーツ、ダラーなどをはじめ、アメリカ本土に本社を置くあらゆるレンタカー会社を一斉比較・予約できるサイト。

日本語のサポートがあるだけではなく、手厚い補償内容が選べるのも嬉しいポイントなんです。

イージーレンタカーの特徴

  • ハワイ(アメリカ)をはじめ、国内・海外200以上の国や地域のレンタカーを予約可能
  • 値下げプロテクター:予約後に値下がったときにはその低価格で再予約できる
  • 最低価格保護制度:他のオンライン予約サイトで、同じプランを検索してより安い価格を見つけたら、
    その差額を100%を返金
  • ポイント機能:ポイントが貯まり、レンタカー料金のお支払い、ギフト/クーポン/優先権/マイルの交換/現金化が可能
    ※ポイント還元やキャッシュバックも近日公開予定(2020年1月末時点)

 

さらに「イージーレンタカー」はキャンペーンの特典がすごいんです!

  • 新規登録・初回利用で5%OFFクーポンがもらえる!
  • 数種類におよぶ割引クーポン!
  • 随時、何かしらのプランでセール!(国・地域限定別などで約10%〜50%OFFに!
  • 「Globetrotter Rewards」と呼ばれる、ランクに応じて豪華特典がある会員制度
  • 「お友達紹介キャンペーン!」で紹介すれば、紹介者・友達の両者に30米ドルクーポン進呈!
  • 各種景品がもらえる大抽選会(ハワイ旅行が当たることも!)

新規登録の人だけでなく、一度利用したことにとっても、常にキャンペーンが開催されるのが嬉しい!

あらかじめメルマガ会員登録していれば、最大50%OFFなどのすっごくお得なキャンペーン情報もいち早く知れます。

 

つまり「イージーレンタカー」は、「日本語で予約できて」「格安のレンタカーが見つかる」というのが特徴。

レンタカー代の出費は抑えられて、その分をグルメや現地でのアクティビティ、ショッピングに回せると嬉しいですよね!

▼常時更新!最新キャンペーンはこちら!▼

⇒ ハワイ・ホノルルの格安レンタカー検索・比較【EasyRentCars】

 

CHECK NOW

ハワイ・ワイキキでおすすめのレンタカー会社

ワイキキには、格安で借りられる規模の小さなレンタカー屋さんから、アメリカ本土に本社を置く大手や日本法人の会社まで、様々なレンタカー会社があります。

ここは絶対に「大手のレンタカー会社」をおすすめします!

 

以下が、ワイキキにある大手のレンタカー会社です ※アメリカ全土でチェーン展開している大手(★はわたしのおすすめ度)

Budget バジェット ★★★
Hertz ハーツ ★★
Dollar ダラー (ハーツの子会社) ★
Avis エイヴィス
National ナショナル
Alamo アラモ

 

上記のなかでも、わたしがおすすめしたいのが「バジェット」「ハーツ」の二社です。

レンタカー会社の特徴

  • バジェットレンタカー:大手レンタカー会社の中でも、とにかく「最大限に安い!」
    ただし、サービスの質はハーツより劣ります。
  • ハーツレンタカー:「スタッフの接客や気配りがすごく丁寧」
    受付時に車体チェックするだけでなく、細かなキズも自らスマホで撮影することも。

 

何よりも安さ重視の人は「バジェットレンタカー」で、サービス重視の人は「ハーツレンタカー」がオススメです。

【体験談】バジェットレンタカーをハワイで借りてみた│予約方法・料金、受け取りや返却の流れ、メリットやデメリットは? 【体験談】ハーツレンタカーでハワイで車を借りてみた!おすすめの予約方法、受け取りや返却の流れ、メリットやデメリットは?

レンタカーのプランを決めるときに役立つ6つのポイント

ここからは、車種や補償内容などのプランを決めるときに判断基準となる、6つのポイントを紹介します。

必要な車種やサイズの目安

わたしの場合、1泊2日でタートルベイ・リゾートで宿泊したので、大きなトランクが2つと息子用のトランク1つがありました。

「インターミディエイトSUVサイズ」(フォードのエスケープ)でちょうどの大きさでしたよ。

インターミディエイトSUVサイズの目安:フォードの「エスケープ」

 

「インターミディエイトサイズ」を借りたときは、日産セントラ(ブルーバードシルフィの北米モデル)が用意されました。

インターミディエイトサイズの目安:日産セントラ

 

「オープンカー」を選んだときには、なんとフォードマスタングカブリオレ(4人乗り)でした。

5,000ccの排気量があって、エンジンをかけたときの爆音にビックリ!!窓を開けながらのドライブは爽快でしたよ~。

オープンカーの目安:フォードのマスタングカブリオレ

レンタカーの補償内容(保険内容)

イージーレンタカー」の場合、「万全プラン」「標準プラン」「安全プラン」など、3~4種類の補償内容から選べます(レンタカー会社により、多少内容が異なります)

 

わたしが予約するときは、毎回「万全プラン」を選択しています。

万全プランと標準プランの料金の差は、おおよそ1日1,500円~2,000円ぐらい。

カーナビの必要有無

カーナビが必要かどうかは「同乗者が道案内をできるか」「レンタルWi-Fiの有無」によります。

基本的には「同乗者がスマホなどでGoogleマップを使って道案内をできる」+「レンタルWi-Fiを持っている」のなら、カーナビは不要です。

もし、一人で運転するときや道案内をできる人がいないときや、レンタルWi-Fiを持っていない場合は、カーナビがあると安心です。

 

ハワイでおすすめのレンタルWi-Fiは、以下の別記事に詳しくまとめています。

ハワイ旅行の海外WiFiレンタル【2020年版】各社の料金プラン、必要なデータ容量やおすすめを紹介

ガソリン1回分無料のプラン

ガソリンについては「満タン出発・満タン返却」「ガソリン1回分無料」のいずれかから選べます。

ガソリン1回分無料の場合は、「返却時にガソリンを満タンにする必要がない」ので、給油するのが不安という人に嬉しいサービス。

「車種と燃費」にもよりますが、ガソリン満タン1回で400km(=約250マイル)ぐらい走れます。

 

わたしが2泊3日で借りて以下をドライブしたときで、1/4ぐらいはガソリンが残りました。

わたしが利用したルート

  • 初日:ワイキキ~カイルア~ダウンタウン~ワイキキ:約60マイル(約100km)
  • 2~3日目:ワイキキ~ハレイワ~タートルベイ~ハレイワ~ワイキキ:約120マイル(約200km)

 

ハワイはアメリカで一番ガソリン価格が高い州だといわれており、1ガロン(3.785リットル)で4ドル前後します(=1リットル約115円)

例えば、燃費がリッター10kmの車の場合、ガソリン満タンを入れるには約42ドルぐらい(1ドル110円換算、40リットル×115円=4,600円)

「レンタカーで運転する予定の距離と、ガソリンを入れる手間」を考えて、ガソリン1回分無料のプランにするかを決めるといいですよ。

予約&お支払いについて

支払いにはクレジットカードが必要です。

ハワイではクレジットカードが最低1枚はある方が絶対に便利なので、まだ持っていない人は作ることをおすすめします。

中でも「JCBカード」なら、ワイキキトロリーも無料で乗車できたりハワイでの特典が満載!

★海外旅行保険も付いているおすすめのJCBカード★

↓↓

年会費永年無料の楽天カード (公式ホームページ)

 

★マイルもお得に貯めたい人向け★

↓↓

マイルを貯めたい人なら、最大で10,550マイルが貯まるJALカードがおすすめです。

マイルを貯めるならJALカードページ(公式ホームページ)

【JALカード】ハワイ旅行や海外旅行に持っておくとお得なクレジットカード。メリット・デメリットは?

予約をキャンセルする場合

旅行の予定が変わったり、小さな子供が体調を崩したり、そのような場合もありますよね。

「レンタカー比較サイト」の場合、主なキャンセルのルールは以下です。

 

キャンセルのルール

 

上記のイージーレンタカーにおいて「ほとんどの場合」と記載しているのは、以下のためです。

ほとんどの場合、キャンセルに伴うキャンセル手数料が発生しません。ただ、キャンセル料の発生時期やキャンセル料額などが規定されたキャンセルポリシーは、各レンタカー会社が独自に設定しており、その内容は各レンタカー会社によって異なります。詳細につきましては、各レンタカー会社へ直接ご確認ください。

引用:よくある質問(イージーレンタカー 公式ホームページ)

 

とはいえ、現地での車両を受け取る前に予約を取り消すのであれば、キャンセル料がかからないのは助かります。

CHECK NOW

ハワイでレンタカーを借りる当日の流れ

今回は「バジェットレンタカー」の「インターナショナルマーケットプレイス営業所」で借りました。その時の流れで紹介します。

レンタカーを借りる当日に必要な持ち物

ハワイでレンタカーを借りるときに、必要な持ち物は以下です。

持ち物 必須かどうか
日本の運転免許証 必須
パスポート 必須
バウチャー(予約票) 必須
クレジットカード 必須
国際運転免許証 任意
2口以上のシガーソケット あるとすごく便利!

 

借りるたびに「意外だなぁ」と思うのですが、バウチャー(予約票)の紙を持参して受付を行います。

また、予約時に支払いを完了している場合でも、デポジット用として、受付時にクレジットカードが必要です。

とくにトラブルなく返却できれば、追加請求されることはありません。

国際運転免許証は任意で、2口以上のシガーソケットがあると、ドライブしながら充電ができて重宝します(ウォルマートなどでも売っていますが、5ドルぐらいします)

借りるときの混雑状況

ワイキキのレンタカー会社の営業時間は、朝7:00もしくは8:00です。

わたしが「バジェットレンタカー」に行ったときは、朝8:30時点で10名近くが待っていました。

スタッフが1名のみだったので、受付完了までに30分近くかかりました・・・(涙)

バジェットレンタカーの「インターナショナルマーケットプレイス営業所」での受付

 

できるだけ待たずに借りるには「朝一」か「前日の夜から」のいずれかに借りるのがポイント!

注意

前日の夜に借りるのは、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット:「受付時間は短くなる」「料金は24時間単位なので、当日朝に借りるのと前日夜に借りるのは料金が変わらない」

デメリット:1泊の駐車料金が高い(ワイキキのホテルの駐車料金は、約30~50ドル/1泊)

 

補足ですが、わたしが知っている中でもっとも混むのが「ダラーレンタカー」の「カラカウア営業所」です。

朝9:00~10:00ごろに行くと、常に20~30名は並んでいます(主に、日本人以外のアジア系や、白人)

車体は必ずチェックしよう

レンタカーを借りて出発するときには、「車体は必ず念入りにチェック」しましょう。

ここで大事なのは、明らかなキズやへこみ、タイヤのパンクなどを確認すること。スタッフの方と一緒に見るときには、しっかりと認めてもらいましょう。

注意

バジェットレンタカーの場合:スタッフの同行はありません。自分でチェックするように言われます。

ハーツレンタカーの場合:スタッフも一緒にチェックしてくれます。しかも目に見える傷はスマホで撮影していました。

レンタカーでの観光プラン(例)

レンタカーがあると、どんなところに行けるの?

車が1台あるだけ、オアフ島の色々な場所を回ることができますよ!特におすすめの場所を紹介しますね!

カイルアタウン&ラニカイ・ピルボックス

ワイキキから約40分~1時間で、カイルアビーチパークに到着。そこから徒歩15分ほどで、ラニカイ・ピルボックスの入口に到着します。

入口から片道30~40分ほど山道を登ると、ワイキキでは味わえない絶景が目の前に!!

ラニカイピルボックスの頂上から

カカアコ・ダウンタウン

トロリーではちょっと行きづらい「カカアコ」や「ダウンタウン」にも、車があればラクに移動できます。

カカアコのウォールアートでこだわりの写真を楽しんだり、グルメの宝庫のダウンタウンで食を堪能できます。

ダウンタウンにある、連日大混雑のベトナム料理屋さん「ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディ」がほんとうに美味しい!

ダウンタウンで人気のベトナム料理屋さん「ザピッグアンドザレディ」

ハレイワタウン・ノースショア観光

オアフ島北部のハレイワには、ワイキキから片道70~80分ぐらいで行けます。

ここでしか味わえない、本場のグルメが待っています。ジョバンニのガーリックシュリンプやマツモトシェイブアイスは必食!

ジョバンニのガーリックシュリンプは必食!

 

ハレイワ・ノースショア観光は日帰りのオプショナルツアーを利用する人も多いので、ピーク時が混み合うんですよね。

レンタカーで行くと、お昼ご飯や観光の時間を自由にずらせるので、行列に並ぶ時間を減らして観光を楽しめるのもメリットです。

ハレイワタウンの散策やショッピングを楽しんだ後は、ラニアケアビーチでウミガメを見たり、タートルベイ・リゾートでまったりしたり(ビジター利用でも簡単に入れます)

ラニアケアビーチで浜辺に上がったウミガメに出会いました!

返却するときの流れ

最後に、レンタカーを返却するときの流れを紹介します。

バジェットレンタカーの場合は、受付時にもらう紙に「返却時の走行距離」と「ガソリンの残量」を記載します。

返却時の「走行距離」と「ガソリンの残量」を記載してレンタカーを返します

 

レンタカーを返却する旨を伝えて鍵を返したら、レンタカーの返却が完了。

借りるときよりもスムーズで、数分で終わります。

CHECK NOW

ハワイでレンタカーがあると行動範囲が一気に広がる!【まとめ】

本記事では、ハワイ・ホノルルでレンタカーを借りるときの流れを詳しく解説しました。

もう一度ここをチェックしたい!という箇所があれば、ぜひ確認してみてください(以下をクリックすると、該当の個所に戻ります)

 

 

ぜひハワイでレンタカーを借りて、ワイキキやアラモアナだけでなくオアフ島をたくさん楽しんでくださいね!

▼常時更新!最新キャンペーンはこちら!▼

⇒ ハワイ・ホノルルの格安レンタカー検索・比較【EasyRentCars】

 

CHECK NOW

 

ハワイでレンタカーをじっさいに借りてみた体験談は、以下にもまとめています。

【体験談】バジェットレンタカーをハワイで借りてみた│予約方法・料金、受け取りや返却の流れ、メリットやデメリットは? 【体験談】ハーツレンタカーでハワイで車を借りてみた!おすすめの予約方法、受け取りや返却の流れ、メリットやデメリットは?

ハワイ・ホノルルでおすすめの観光・グルメ情報

ハワイ・オアフ島に行く前にチェック!観光・旅行情報や注意事項をギュギュっとまとめました!

【保存版】ハワイ・ホノルル 行く前に知っておくべき!観光・旅行情報、おすすめのグルメやホテル情報、注意事項【まとめ】 ホノルルマラソン2020 大会日程、エントリー費用、ツアー情報、節約方法、おすすめの持ち物や練習方法【全まとめ】 ハワイ旅行の海外WiFiレンタル【2020年版】各社の料金プラン、必要なデータ容量やおすすめを紹介 ハレクラニ【宿泊記】ハワイ・ホノルルでおすすめNo.1ホテルを徹底レポート!部屋の設備、プール、朝食、泊まった感想

 

>>ハワイ旅行の全記事一覧に戻る

スポンサーリンク