≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

【保存版】ハワイ・ホノルル 行く前に知っておくべき!観光・旅行情報、おすすめのグルメやホテル情報、注意事項【まとめ】

スポンサーリンク

今回は長い休みをとれたので念願のハワイ旅行!でも、思い立ったのはいいけど・・・

ふじたん

ハワイって、いったいどんな観光地なんだろう?

海外旅行や初めての土地に行くとき、どんな場所かわからないと不安になりますよね。

治安はどうなの? 物価はどうなの? どんなマナーがあるの? おすすめの観光スポットやホテルは? 旅行前に調べれば調べるほど、いろいろ疑問がわいてきます。

 

わたしは2014年以降、JALホノルルマラソンの仕事などでハワイに年1~2回滞在してきました。

この記事では「ハワイ・ホノルルやオアフ島を旅行する前に知りたいこと」をギュっと凝縮。

事前に読んで準備することで、安心してハワイ旅行ができますよ!

ハワイ旅行の前に知っておくべき基本情報

まずは、ハワイ・オアフ島の基本情報から。

大きさ・面積

オアフ島の大きさは、1,545km²です。

東京都が2,188km²なので、ざっくりいうと「東京都の約3/4」ぐらいの大きさです(奥多摩町・檜原村・青梅市・八王子市を除いた全域ぐとほぼ同じ)

ちなみに、ハワイ諸島全島を合わせると28,311km²

関東地方(1都6県)を合わせると32,420km²あるので、ハワイ諸島全部を合わせると「関東よりちょっと小さいぐらい」です。

人口

ハワイ州全体での人口は約142万人です(2018年、国際連合資料より)

うち、約95万人がオアフ島に在住しています。

東京都の人口は約1,388万人(2018年)なので、東京都とオアフ島を比較すると約7%の人口なんですね。

気候・気温・天気

ワイキキの気候・気温・天気についてまとめました(参考:weatherbase.com)

年間平均 1月 2月 3月 4月 5月 6月
平均気温 25 23 23 23 24 25 26
最高気温 29 27 27 28 28 29 30
最低気温 21 18 18 19 20 21 22
降水量 596 88 58 64 35 34 14
降水日数 121 12 10 11 11 8 7
年間平均 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均気温 25 27 27 27 26 25 24
最高気温 29 31 31 31 30 29 28
最低気温 21 23 23 23 22 21 19
降水量 596 19 20 23 53 87 101
降水日数 121 9 9 8 10 13 13

 

1年を通して、最低気温は20度前後、最高気温は30度前後です。

最も暑い日でも33~35度ぐらいで、日本の真夏のように40度前後の酷暑にはなりません。ただし、日差しが強烈なときが多いので、帽子、サングラスをお忘れなく。

降水量は少ないです。最も多い冬場でも、東京の11月とほぼ同じ降水量です。

時差

日本とハワイの時差は-19時間。たとえば、日本が昼12時なら、ハワイは前日の17時になります。

  • 日本からハワイ時間を確認する場合:5時間進めて、前日に1日戻す
  • ハワイから日本時間を確認する場合:5時間戻して、翌日に1日進める

と覚えておくとわかりやすいですよ。

日本からの飛行時間

日本からハワイまで、飛行時間は7時間30分~10時間です。

偏西風の影響で、日本から出発の方が所要時間は短く、ハワイから帰国の方が長くなります。

 

通常は、日本を夜に出発して、ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)に出発日の朝に到着。ホノルル空港を出発して、日本に帰国した時に+1日進んでいます。

治安

治安は比較的安全です。

わたし自身は、単独行動のときも集団行動のときも「身の危険を感じるような犯罪や事故」は、目撃したこともありません。

ただ、ワイキキで最も賑やかな「カラカウア通り」でも、多くのお店が23:00までに閉まります。

夜遅くになると雰囲気が一転して人通りがなくなるので、日没後のひとり歩きはなるべく避けましょう。

物価

ハワイ旅行の一番の悩みかもしれません。特に「食事」の物価がめちゃくちゃ高いんですよ。

朝食やランチでも、10ドル以内(=約1,100円以内)で食べられるお店は極めて少ないです。

ワイキキで断トツNo.1の行列グルメといえば「丸亀製麺」(Marukame Udon)なのですが、これは味だけではなくリーズナブルさも間違いなく影響していますね。

両替

空港、街中に両替所があります。また、ホテルによってはフロントで両替してくれます。

最も手軽なのは、カラカウア通り沿いの「Tギャラリア」(免税店)内の両替所ですね(レートも周辺の両替所と差はないです)

 

ほとんどのお店で「クレジットカード」が使用できるので、カード払いをメインにするとあまり現金を使わないことも。

ハワイ旅行でおすすめのカードといえばJALカードです。特徴やメリットは以下の別記事にまとめています。

【JALカード】ハワイ旅行や海外旅行に持っておくとお得なクレジットカード。メリット・デメリットは?

 

もし日本国内で事前に両替するなら、Webの両替サービスが便利ですよ。Webで申し込み後、お金を入金。両替したお札が郵送で送られてきます。

Web両替で、とくにレートが高いのは「外貨両替マネーバンク」ですね。その時点での為替レートの+1円程度でドルを購入できます。

➡外貨両替マネーバンクの申込はこちらから

チップ

ハワイ・アメリカでは、基本的にチップが必要です。

レストランで支払うときにも、通常料金に加えて、15%、18%、20%のそれぞれのチップ目安がレシートに記載されていることがほとんど(受けられたサービスに応じて選べば大丈夫です)

タクシーの乗車時は、料金に15%ほど上乗せして払います(口頭でチップ込の金額を伝えます)

ホテルのベッドメイキングは、1台につき1~2ドルが目安。

インターネットの通信状況・Wi-Fi

ほとんどのホテルでWi-Fi利用が可能です。SNSやLINEなどは支障なくできますが、通信速度は日本に比べると非常に遅いです。

現地で「ウェディングフォト」などを撮影して、データを帰国後に送ってもらう場合でも「CD-R」や「USB」の宅配で届けられるんですよ。つまり、大容量の写真の転送は不向きなネット速度。

アラモアナショッピングセンターやロイヤルハワイアンセンターなど、大きな商業施設でもWi-Fiは通っています。

ただ、街中を歩くときに地図やお店を調べたいときもあるので、海外用のモバイルWi-Fiの持参がおすすめです。

 

海外Wi-Fiレンタルに関しては、以下の別記事でまとめているので参考にしてくれるとうれしいです。特に「アロハデータ」はもっとも料金が安く、データ容量が無制限なのでおすすめです。

ハワイ旅行の海外WiFiレンタル【2019年版】各社の料金プラン、必要なデータ容量やおすすめを紹介

>>ハワイ旅行用のレンタルWifiを徹底比較

ハワイ・アメリカ旅行に必要なESTAとは?

ESTA(エスタ)とは?

ESTA(エスタ)とは、2009年1月12日からアメリカで義務化された「オンラインで完結されるビザ免除プログラム」

取得していれば「ビザ無し」でアメリカに入国できるものです。

90日以内で商用・観光目的で入国する場合は、ESTA(アメリカ電子渡航認証システム)の取得が必要。少なくとも1週間前には申請して取得しておくことがオススメ。

ふじたん

航空券・パスポートと合わせて必須の持ち物です!

ESTA(エスタ)の有効期限と料金

一度取得すれば永久的に使えるものではなく、2年間の有効期限があります。取得の費用は、14ドル/人です。

ESTA(エスタ)の公式ホームページはこちら(日本語対応)

MEMO

支払い方法は、クレジットカードとPayPalにて決済可能。どちらで決済する場合もクレジットカードが必要なので、持っていない場合は作成する必要があります。

スポンサーリンク

ハワイ 定番の観光地やグルメ情報

おすすめの観光スポットやグルメ情報を紹介しますね!

おすすめの観光スポット

ハワイといえばもちろん「ダイヤモンドヘッド」は外せません!約40分の登山を経て、頂上で見る日の出、ワイキキビーチや高層ホテルの並ぶ景色は圧巻なんですよ!

ダイヤモンドヘッド 日の出を頂上で鑑賞!特等席で見るために知ると役立つ8つのポイント

ハワイでゴルフ

ハワイでゴルフをしたいなら、日本から事前予約がおすすめ!予約方法、日本とハワイのゴルフ場の違い、服装やおすすめの持ち物を詳しくまとめています。

【初心者必見】ハワイでゴルフをするには?予約方法、料金・レンタル用具、日本との違いや注意点、服装・おすすめ持ち物を紹介

>>ハワイでゴルフ場を予約するときの基本情報【まとめ】

 

念願のハワイでのゴルフ!タートルベイ・リゾートのラウンドレポートはこちら。

【体験記・口コミ】タートルベイ・リゾートでゴルフ│予約方法や送迎、料金、レンタルクラブ、売店、飲食、コース情報や感想は?

>>タートルベイ・リゾートのラウンド体験記

現地オプショナルツアーやクーポン情報

ハワイ旅行で隠れたオススメなのが「JTBの現地オプショナルツアー

ツアー利用客でなくても申し込めるし、「JTB限定のプラン」が多数揃っているんですよ!

大人気の「天使の海」も、JTBでモーニングタイムを買い取っちゃったので「観光客の少ない朝の時間帯」にこだわりの写真も撮れるチャンス!

【JTB限定】ハワイ・ホノルル「現地オプショナルツアー」が実はお得!家族向けのおすすめプランを一挙に紹介!

>>JTBのオプショナルツアーの詳しい情報

 

また「ベルトラ」(VELTRA)には、2人目無料のモニターツアーや、人気のステーキハウスの事前予約などが揃っています。

CHECK NOW

おすすめのローカルグルメ

ハワイで定番のローカルグルメといえば「ハンバーガー」「アヒポキ」「ロコモコ」「ステーキ」「プレートランチ」などですね。いくつも食べ歩いた中から「安くて美味しいお店」を中心に紹介!

【クーポン・お得情報あり】ハワイ・ワイキキの人気店で朝食ならココがおすすめ!本当に行列ができていたお店5選 【おすすめ】ハワイで絶品ハンバーガーを食べたい!ワイキキ周辺のとにかく美味しいお店6選【全て実食済】 【絶品】ハワイでアヒポキを食べよう!美味しすぎてオススメしたい5店舗+手作り編(全て実食済) ハワイグルメ ワイキキで「安い・美味い・ローカル」な地元の絶品グルメ11選【全て15ドル以下】

 

約50店舗の食べ歩きは以下のカテゴリーにまとめています。

CHECK NOW

ホノルルでの移動方法

現地での移動方法は「タクシー」「バス」「トロリー(=旅行会社のツアーの場合)」「Biki(ビキ)」「レンタサイクル」などがあります。

ワイキキ~アラモアナ・カカアコ周辺を移動するなら、シェアサイクルの「Biki」(ビキ)がすごく便利です!

 

はじめて利用する人でも、Biki乗り場でその場で申し込みができます(日本語あり)

ハワイ bikiとレンタサイクル【徹底比較】利用方法・料金・それぞれの便利さを実際に試してまとめてみた!

 

もっと広範囲を移動するなら、レンタサイクルや「レンタカー」が定番です。レンタサイクルは「チェイスハワイ」という日本語対応のショップがおすすめ!

チェイスハワイレンタル|ワイキキで日本語OKのレンタサイクル屋さんを使ってみた。旅の行動範囲が一気に広がる!

スポンサーリンク

ハワイ観光におすすめのホテル

実際にわたしが宿泊したホテルの中から、オススメを紹介します。

ハレクラニ

ハレクラニ」は、ハワイ・ワイキキのなかでも最高級のホテルの一つ。

 

オーシャンフロントやダイヤモンドヘッドが見える絶景に、海を見ながら滞在できるレストランやプール。

ハネムーンや挙式で宿泊する人も多いホテルは、やっぱり感動ものの設備やサービスの連続でした。ちょっと奮発してでも、1泊よりも最低2泊以上滞在するのがおすすめ!

ハレクラニ【宿泊記・口コミ】ハワイでおすすめNo.1ホテルを徹底レポート!部屋の設備、プール、朝食、泊まった感想【写真32枚】

>>ハレクラニの宿泊レポート

🔍ハレクラニの最安値比較・空室を探してみる

楽天トラベル JTB エクスペディア agoda Booking.com

ホテルラクロワワイキキ

ホテルラクロワワイキキ(旧、ワイキキゲートウェイホテル)は、ワイキキエリアの西側にあるホテル。ロイヤルハワイアンセンターからも徒歩5分強の場所にあります。

旅行会社のツアーだと「スタンダードクラス」に位置づけられることが多いですが、広々としたダブルベッドのツインルームで、何一つ不自由はないレベル(日本国内のビジネスホテルよりも快適)

 

ベランダからの眺望。天気がいいと、道路越しの「アイナハウ・トライアングル」(公園)や海まで見渡せます。

 

ホテルの設備や滞在してみた感想は以下の記事にまとめています。

【宿泊記・口コミ】ホテル ラクロワ ワイキキ(旧:ワイキキゲートウェイホテル)│部屋の内装、設備、サービス、朝食内容は?

>>ホテルラクロワワイキキの宿泊レポート

🔍ホテルラクロワワイキキの最安値比較・空室を探してみる

楽天トラベル JTB エクスペディア agoda Booking.com

オハナワイキキマリア バイ アウトリガー

オハナワイキキマリア バイ アウトリガー」は、ワイキキ中心にあるカジュアルなリゾートホテル。カラカウア通りと平行している「クヒオ通り」沿いにあります。

 

ワイキキビーチをはじめ、ショッピングや観光にもすごく便利な場所!

また、ワイキキトロリー(ピンクライン)の乗車券がつくので、アラモアナショッピングセンターにも無料で行けるのがうれしい!

 

特に、食事や観光を充実させて宿泊はコンパクトに。という人に一押しです。

オハナワイキキマリア【口コミ】部屋情報や設備、嬉しいサービスを紹介。ちょっと豪華なビジネスホテルと考えればおすすめ!

>>オハナワイキキマリア バイ アウトリガーの宿泊レポート

🔍ホテルの最安値比較・空室を探してみる

楽天トラベル JTB エクスペディア agoda Booking.com

スポンサーリンク

ハワイ往復の格安航空券を購入する方法

航空券を比較できるサイトも紹介しますね。どの比較サイトも大きな違いはないので、2社くらい調べれば十分ですよ。

 

もし「航空券+ホテル」で手配するのなら、断然「Expedia」(エクスペディア)がおすすめ!なんと!同時に申し込むと「ホテル代が最大全額無料」になることも!

ハワイ ホノルル空港からワイキキ市内まで 行き方・料金・所要時間

ハワイのホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)からワイキキまでの市内に行く方法を紹介しますね。荷物の量や人数に応じて選択肢があります。

ザ・バス

とにかく圧倒的に価格が安いです!1人2.75ドルでワイキキ中心部まで行けます(約45分)

ただ、機内に持ち込めない大きな荷物を持っていく場合は、バスに乗車できないので要注意です。観光客の場合はちょっと不向きですね。

空港からのシャトルバス

例えば「キングエアポートシャトル」なら、2名以上から申込み可能(約30分)

料金は16ドル/名とシャトルバスの中では最安値です。「相乗りタイプではなく専用車なので貸切ができる」のも嬉しいポイント!申込は「タビナカ」のホームページから出来ます。

 

他には「H.I.Sシャトル」や「JTBバス」の相乗りタイプのシャトルバスもあります。いずれも、約17~19ドル/人程度です。

チャーリーズタクシー

1台4名まで乗車可能で、料金は定額制のタクシー。空港からワイキキまでの場合は29ドル+税金+チップ15%です(約30分)

4名=1名8.3ドル、3名=11.1ドル、2名=16.6ドルとなるので、3名以上いるならシャトルバスよりも割安(2名ならキングエアポートシャトルの方が安いです)

こちらは事前予約がおすすめです(日本語あり)

リムジン貸切

せっかくハワイに来たのだからゴージャスに!

記念日やサプライズにも使える「リムジン貸切」で移動という方法もあります(約30分)

 

1台81.25ドル~なので、例えば5名なら16.25ドル~で乗車可能!「ベルトラ」から申込可能です。

ふじたん

大人数なら、実はタクシーと大差がないかも!?

ハワイ旅行前に知っておくべきマナー・習慣

道路を横断中の「歩きスマホ」は禁止!

2017年秋に施行された条例により「歩行者が道路を横断中に電子機器類の画面を見る行為」が禁止となりました。

ここでポイントなのが「電子機器類」の画面であること!

スマートフォンや携帯電話の他に、タブレット端末、携帯電子ゲーム機、ノートパソコン、デジカメなども含まれます。

参考 道路横断中のスマホ等の使用禁止条例の制定(ハワイ州オアフ島)在ホノルル日本国総領事館

 

罰金額は初回違反が15~35ドル、1年以内に2回目の違反を犯した場合は35~75ドル、初回から1年以内にさらに3回目の違反を犯した場合は75ドル~99ドル、と加算されます。

お酒を飲みたいときは「パスポート持参」が必須

ハワイでお酒を楽しむときは「パスポート持参が必須」と覚えておきましょう。

ABCストアでお酒を買うときも、バーや飲食店でお酒を注文するときにも「パスポートを見せて」と言われます。

また、お酒は21歳からなので注意しましょう(20歳からではありません!)

ホテルのラナイ(バルコニー)での禁止事項

ラナイ(バルコニー)に洗濯物を干すのはNGです(=街の景観を守るため)

コインランドリー(洗濯機と乾燥機)があるホテルが多いので、洗濯物がある場合は乾燥機で乾かして、あとは部屋干しが定番です。靴下などを干しやすい「携帯ハンガー」が便利

また、お部屋だけでなくラナイでも禁煙です。喫煙をする場合は、必ず喫煙エリアを使いましょう。

ハワイ旅行を楽しむために事前準備をしっかり行おう!

旅行前に色々知っておくと、不安がなくなって観光やグルメをとことん楽しめますよね。

この記事をブックマークしておいて、旅行中も読むのがおすすめです!

また、別記事でハワイ旅行用の持ち物をまとめるので、こちらの記事で持ち物・必需品をチェックしてくださいね【近日公開予定】

 

ハワイのWi-Fiレンタルなら、もっとも料金が安くてデータ容量が無制限の「アロハデータ」がおすすめです。各社のWiFiレンタルを詳しくまとめました。

ハワイ旅行の海外WiFiレンタル【2019年版】各社の料金プラン、必要なデータ容量やおすすめを紹介

➡ハワイ旅行でおすすめの海外WiFiレンタルを比較する

 

以下の観光情報も合わせてチェック!

 

人生初マラソンは「ホノルルマラソン」で。約半数の参加者が人生マラソンで制限時間のない大会の魅力は!?大会前日の現地エントリーも可能!

ホノルルマラソン2019 大会日程・エントリー費用・ツアー・おすすめの持ち物や練習方法【まとめ】

スポンサーリンク

konoha