≫ 全カテゴリ一覧はこちら

【体験談】バジェットレンタカーをハワイで借りてみた│予約方法・料金、受け取りや返却の流れ、メリットやデメリットは?

家族でハワイ旅行に行ってきたふじたん(@shinjifujita)です。

妻と息子にとってはじめてのハワイだったので、色々な景色を見せてあげたい!

ということで、レンタカーを借りて2泊3日でオアフ島内をドライブしてきました。

 

いくつかのレンタカー会社の料金やプランを比較した結果、今回は「バジェットレンタカー」にて予約しました。

本記事では「バジェットレンタカー」のレビュー(口コミ・評価)を紹介。料金や借りてみた感想、他社に比べてのメリットやデメリットを詳しくまとめました!

 

レンタカーを予約するなら、日本から予約サイトで借りると便利。

イージーレンタカー」なら「日本語で予約できて」「格安のレンタカー」が見つかります!

▼常時更新!最新キャンペーンはこちら!▼

⇒ ハワイ・ホノルルの格安レンタカー検索・比較【EasyRentCars】

 

CHECK NOW

バジェットレンタカーの予約方法、料金、当日の持ち物

バジェットレンタカーはアメリカ発祥のレンタカー会社。世界120か国に約3,500か所の営業所がある大手レンタカー会社です。

ハワイでバジェットレンタカーを予約するには、以下の方法があります。

ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの繁忙期に利用するのなら、最低でも数週間前には予約するのがおすすめ!

公式ホームページから

1つ目の方法は「バジェット・レンタカー」の公式サイトからの予約です。

公式サイトからの予約の場合、ハワイ・アメリカ本土向けにお得なキャンペーンを展開しています(2020年2月現在)

会員の種類 カードの種類 キャンペーン内容 備考
JCBカード会員 JCBカード
10~15%OFF 一部営業所では利用不可
Master Card会員 Master Card 10~15%OFF
VJA Visa Card会員 VJAグループカード
VISAカード
10~15%OFF
MUFG Card会員 MUFGカード、DCカード、NICOSカード 10~15%OFF
エポスカード会員 エポスカード 5%OFF
JALマイレージバンク会員優待 JMBカード
JALカード
5%OFF+
50マイル/日
1回のレンタルにつき最大250マイル
アメックス会員優待 アメックスカード 100円 2ポイント

 

支払い方法(日本払い/現地払い)、レンタカーのプラン内容により、キャンペーン内容が異なります。

詳しくは「バジェット・レンタカー」の公式サイトから確認できます。

 

公式サイトから確認する

 

ハワイではクレジットカードが最低1枚はある方が絶対に便利なので、まだ持っていない人は作ることをおすすめします。

中でも「JCBカード」なら、ワイキキトロリーも無料で乗車できたりハワイでの特典が満載!

★海外旅行保険も付いているおすすめのJCBカード★

↓↓

年会費永年無料の楽天カード (公式ホームページ)

 

★マイルもお得に貯めたい人向け★

↓↓

マイルを貯めたい人なら、最大で10,550マイルが貯まるJALカードがおすすめです。

マイルを貯めるならJALカードページ(公式ホームページ)

【JALカード】ハワイ旅行や海外旅行に持っておくとお得なクレジットカード。メリット・デメリットは?

レンタカー比較サイトは格安プランが見つかりやすい

イージーレンタカー」や「レンティングカーズ」などのレンタカー比較サイトを使うと、公式ホームページよりも安くて掘り出し物のプランが見つかる場合も!

 

中でもおすすめしたいのが「イージーレンタカー」(EasyRentCars)です。

バジェットレンタカーをはじめ、ハーツレンタカーやダラーなどのアメリカ本土に本社を置くあらゆるレンタカー会社を一斉比較・予約できるサイト。

日本語のサポートがあるだけではなく、手厚い補償内容が選べるのも嬉しいポイントです。

ハワイでレンタカーを探すなら

レンタカーの車種や料金

わたしが過去に「バジェットレンタカー」で借りたときは、以下の料金でした。

車種、プラン内容や保険内容、借りる季節により異なりますが、一つの参考にしてください。

SUVの場合:

フォード・エスケープ、2泊3日で306.39ドル(約34,000円、ガソリン1回分含む)

SUVの目安:フォードの「エスケープ」

 

コンパクトカーの場合:

フォード・フォーカス、1泊2日で18,403円(ガソリン1回分含む)

引用:バジェットレンタカーの公式ホームページ

しゅん

あれ、こっちはレンタカーの写メを撮っていないの?
じつは、割り当てられた車がまったく違ったんだよ・・・。あとで詳しく説明するね

ふじたん

MEMO

いずれの場合も保険内容は、車両損害賠償保険(LP)、車両損害賠償精度(LDW)、対人対物保険(SLI)などをしっかりつけて予約しました。

CHECK NOW

レンタカーを借りる当日に必要な持ち物

ハワイでレンタカーを借りるときに、必要な持ち物は以下です。

持ち物 必須かどうか
日本の運転免許証 必須
パスポート 必須
バウチャー(予約票) 必須
クレジットカード 必須
国際運転免許証 任意
2口以上のシガーソケット あると便利!

 

借りるたびに「意外だなぁ」と思うのですが、バウチャー(予約票)の紙を持参して受付を行います。

また、予約時に支払いを完了している場合でも、デポジット用として、受付時にクレジットカードが必要です。

とくにトラブルなく返却できれば、追加請求されることはありません。

国際運転免許証は任意で、2口以上のシガーソケットがあると、ドライブしながら充電ができて重宝します(ウォルマートなどでも売っていますが、5ドルぐらいします)

 

ハワイでレンタカーを借りるときの基本情報」は、以下にまとめています。

ハワイでレンタカーを予約する方法│おすすめのレンタカー会社や比較ポイント、料金・お得に借りるコツ、当日の流れや注意点を解説!

バジェットレンタカーの受け取りと返却方法(ワイキキの場合)

バジェットレンタカーをワイキキで借りるときの流れを紹介しますね

ワイキキ内の営業所は「インターナショナルマーケットプレイス営業所」の1箇所です。

営業時間と受付場所

営業所は「インターナショナルマーケットプレイスの1F」にあります。

「クヒオ通り側のフードコート」(ザ・ストリート)の近く、と覚えておきましょう。

バジェットとエイビスが同じ場所にあるので、わかりやすいです。

朝8:00~夜21:30まで営業しています。

混み具合や待ち時間

わたしが行ったときは、朝8:30時点で10名近くが待っていました。

スタッフが1名のみだったので、受付完了までに30分近くかかりました・・・(涙)

バジェットレンタカーの「インターナショナルマーケットプレイス営業所」での受付

 

午前中に借りる場合、朝食を終えてすぐに借りに行く人が多いんですよ。

できるだけ並ばずに借りたければ、8時の朝一か9時半以降に行くのおすすめです。

別の日に夕方に17時ごろに借りたときや、20時ごろに返したときには、並ばずにすぐに受付ができました。

エレベーターで登って車を受け取り

インターナショナルマーケットプレイスの4〜6階は、一般用の駐車場です。

レンタカーはこの3フロアのどこかに保管されています。

営業所のスタッフが階数とおおまかな場所を伝えてくれるので、エレベーターで移動して車のキーのボタンを押して探します。

レンタカーのカギを使って保管場所を探します

 

近づくと、大きな音が鳴りフロントランプが光るのでわかります。

駐車場を出るときに必要な駐車券(=無料で出庫できます)も渡されるので、こちらは駐車場から出る時に利用します。

駐車場を出るときに駐車券をかざします

レンタカーの返却方法

「インターナショナルマーケットプレイス営業所」にて返却する場合は、受付時の逆の流れになります。

駐車場に入るときに駐車券を受け取るので、車のカギと一緒に返却します。

また、車を借りるときに「紙」を渡されるので、返す時点での「走行距離」と「ガソリン残量」を記載して渡します。

返却時の「走行距離」と「ガソリンの残量」を記載してレンタカーを返します

 

とくに不備がなければ、追加料金の支払いなどもなくレンタカーの返却が完了します。

CHECK NOW

バジェットレンタカーの受け取りと返却方法(ホノルル国際空港の場合)

ホノルル空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)で借りるときや返却のときの流れも紹介しますね。

バジェットレンタカーの他に、ハーツ、エイビス、アドバンテージ、ナショナルのアメリカの大手レンタカー会社5社は、借りる場所も返す場所も同じところにあります。

営業時間と受付場所

ホノルル国際空港でレンタカーを借りる場合は、手荷物引き渡し所でスーツケースなどの手荷物を受け取ります。

空港ターミナルを出ると「Car Rental Center」の標識に沿って進みます。

ホノルル国際空港でのレンタカー営業所への行き方

 

おおよそ5分ほど歩くと、矢印が「右向き(→)」から上向き(↑)」に変わります。

この矢印が見えたら、横断歩道を渡ります。すると、駐車場のビル(Car Rental Center)に到着します。

横断歩道を渡ってカーレンタルセンターに行きます

 

営業時間は朝4:00から深夜1:00なので、朝早い便のときにも利用可能。

混み具合や待ち時間

わたしが借りたときは、朝10:30時点で並ばずにすぐに借りられました。

ホノルル国際空港に到着してすぐに借りる人は少ないのか、意外と並びませんでしたよ。

4階に登って車を受け取り

営業所と同じビル(Car Rental Center)の上層階にレンタカーの保管場所があります。

バジェットの場合は、4階までエレベーターで登るように指示されるので、移動して車のキーのボタンを押して車を探します。

4階まで登って車をピックアップします

 

近づくと、大きな音が鳴りフロントランプが光るのでわかります。

ホノルル国際空港を利用するときは、駐車券はありません。

レンタカーの返却方法

レンタカーをホノルル国際空港で返すときには、空港に隣接する返却場所に戻します。

空港エリアに入ると「rental car」という標識があるので、これを目印に進めば迷いません。

ホノルル国際空港のレンタカー返却場所

 

レンタカーの返却が終わったら、隣接する空港ターミナルの方に歩いて進みます。

CHECK NOW

バジェットレンタカーのメリット(良かった点)

バジェットレンタカーのメリット(良かった点)は以下です。

大手の中でピカイチの安さ

まず、バジェットレンタカーはとにかく安い!!

「価格重視の旅行者にレンタカーサービスを提供する業界リーダー」と公式ホームページでアピールしていることもあり、「とにかく価格重視」という人におすすめです。

3日間のレンタルなら、他社と比べて50~100ドルは異なることも!

バジェットレンタカーは価格重視の人におすすめ!(レンティングカーズ)

ワイキキで夜21時30分まで営業

インターナショナルマーケットプレイス営業所の場合、営業時間は夜21:30まで。

夜遅くまで営業しているのが嬉しい!

レンティングカーズ」の「ワイキキレンタカー6社14営業所の一覧」(2019年9月5日時点)で比べてみると、エイビスと並んでもっとも遅くまで営業しています。

 

ハレイワに行き、ラニアケアビーチでウミガメを見たり、サンセットビーチでまったり日没まで過ごしたり。

18時半ごろにハレイワを出発しても、余裕を持って返却できました。

ロードサービスの体制も充実

大手のレンタカー会社ということもあり、ロードサービスもしっかりしています。

万が一のときには、24時間体制でロードアシスタンスの電話対応があります(英語のみ)

 

わたしも以前、タイヤが「パンク」してしまったときにロードサービスを手配。

来るまでには2時間くらいかかりましたが、その場でスペアタイヤに交換してくれました!

 

タイヤがパンクしたときの体験談は、あまりに濃いので別記事にまとめます(後日アップ予定)

▼常時更新!最新キャンペーンはこちら!▼

⇒ ハワイ・ホノルルの格安レンタカー検索・比較【EasyRentCars】

 

CHECK NOW

バジェットレンタカーのデメリット(悪かった点)

一方で、他社と比較してのデメリット(悪かった点)もいくつかあります。

対応がいいかげん(ルーズ)

バジェットレンタカーは「価格重視」の分、スタッフは「良くも悪くも対応がいいかげん」です。きっちりしている人には不向きです。

わたしがコンパクトカー(小型車)を予約したときに、受付時間になっても車がなくて、代わりの車になったこともありました。

 

そしてやってきたのが、マスタングカブリオレのオープンカー。笑

小型車を予約したら、オープンカーになったこともあります。笑

 

追加料金なしでスポーツカー(しかもマスタング!)を運転できてラッキーだったなー。笑

MEMO

このときは「スポーツカー」か「大きなジープ」(7~8人用)なら用意できると言われたんです。

1人利用だったので「スポーツカー」を選んだら、排気量約5,000ccのとんでもない爆音の車でした。

スタッフが車の確認を行わない

借りるときに「スタッフさんが一緒に車体の確認」は行いません。

明らかな外観のキズやタイヤのパンクなどがあるときや、エンジンをかけて違和感を感じる場合は、受付場所まで戻って説明する必要があります。

注意

ただし、過去に借りたときに出発前に明らかな不備でクレームになったことはありません。

ハーツの場合は、スタッフ自らがキズを確認したり写メで残したりします。

このような「きめ細かなサービス」はバジェットにはありません。ただ、その代わり安い!

日本語対応がない

24時間体制のロードアシスタンスは、基本的に英語のみです。

日本語でないと絶対に困るという人は「ニッポンレンタカー」や「チェイスハワイ」がおすすめです。チェイスハワイはレンタサイクルもおすすめ。

チェイスハワイレンタル|ワイキキで日本語OKのレンタサイクル屋さんを使ってみた。旅の行動範囲が一気に広がる!

 

ただし「ニッポンレンタカー」の場合は、「小型車・満タン返し不要」の場合でも1日109ドル~。

他の車種でも同様に、バジェットレンタカーに比べて、1日あたり40~50ドル(約4,400円~5,500円)は高いです。

 

料金重視ならバジェット!

バジェットレンタカーでお出かけしてみた!

レンタカーがあると、どんなところに行けるの?

車が1台あるだけ、オアフ島の色々な場所を回ることができますよ!特におすすめの場所を紹介しますね!

カイルアタウン&ラニカイ・ピルボックス

ワイキキから約40分~1時間で、カイルアビーチパークに到着。そこから徒歩15分ほどで、ラニカイ・ピルボックスの入口に到着します。

入口から片道30~40分ほど山道を登ると、ワイキキでは味わえない絶景が目の前に!!

ラニカイピルボックスの頂上から

カカアコ・ダウンタウン

トロリーではちょっと行きづらい「カカアコ」や「ダウンタウン」にも、車があればラクに移動できます。

カカアコのウォールアートでこだわりの写真を楽しんだり、グルメの宝庫のダウンタウンで食を堪能できます。

ダウンタウンにある、連日大混雑のベトナム料理屋さん「ザ・ピッグ・アンド・ザ・レディ」がほんとうに美味しい!

ダウンタウンで人気のベトナム料理屋さん「ザピッグアンドザレディ」

ハレイワタウン・ノースショア観光

オアフ島北部のハレイワには、ワイキキから片道70~80分ぐらいで行けます。

マスタングのオープンカーで乗りつけて、ハレイワのジョバンニまでガーリックシュリンプを食べにいったり。

マスタングに乗ってハレイワまでドライブしてきました

 

ここでしか味わえない、本場のグルメが待っています。ジョバンニのガーリックシュリンプやマツモトシェイブアイスは必食!

ジョバンニのガーリックシュリンプは必食!

 

ハレイワ・ノースショア観光は日帰りのオプショナルツアーを利用する人も多いので、ピーク時が混み合うんですよね。

レンタカーで行くと、お昼ご飯や観光の時間を自由にずらせるので、行列に並ぶ時間を減らして観光を楽しめるのもメリットです。

ハレイワタウンの散策やショッピングを楽しんだ後は、ラニアケアビーチでウミガメを見たり、タートルベイ・リゾートでまったりしたり(ビジター利用でも簡単に入れます)

ラニアケアビーチで浜辺に上がったウミガメに出会いました!

 

やっぱり、ハワイ・オアフ島ではレンタカーがあるとワイキキやアラモアナ周辺から行動範囲が一気に広がります!

CHECK NOW

バジェットレンタカーの口コミ・評価【まとめ】

本記事では、ハワイでバジェットレンタカーを利用してみたときの体験談(口コミ・評価)をまとめました。

なにより安さ重視の人や、万が一のトラブルのときに英語で電話対応をできる人にとっては、特におすすめのレンタカー会社でしたよ。

もう一回マスタングのオープンカーに乗ってみたいなぁ~。

 

レンタカーを予約するなら、日本から予約サイトで借りると便利です。

イージーレンタカー」なら「日本語で予約できて」「格安のレンタカー」が見つかります!

▼常時更新!最新キャンペーンはこちら!▼

⇒ ハワイ・ホノルルの格安レンタカー検索・比較【EasyRentCars】

 

CHECK NOW

 

ハワイでのレンタカー事情については、以下にもまとめています。

ハワイでレンタカーを予約する方法│おすすめのレンタカー会社や比較ポイント、料金・お得に借りるコツ、当日の流れや注意点を解説! 【体験談】ハーツレンタカーでハワイで車を借りてみた!おすすめの予約方法、受け取りや返却の流れ、メリットやデメリットは?

ハワイ・ホノルルでおすすめの観光・グルメ情報

ハワイ・オアフ島に行く前にチェック!観光・旅行情報や注意事項をギュギュっとまとめました!

【保存版】ハワイ・ホノルル 行く前に知っておくべき!観光・旅行情報、おすすめのグルメやホテル情報、注意事項【まとめ】 ホノルルマラソン2020 大会日程、エントリー費用、ツアー情報、節約方法、おすすめの持ち物や練習方法【全まとめ】 ハワイ旅行の海外WiFiレンタル【2020年版】各社の料金プラン、必要なデータ容量やおすすめを紹介 ハレクラニ【宿泊記】ハワイ・ホノルルでおすすめNo.1ホテルを徹底レポート!部屋の設備、プール、朝食、泊まった感想

 

>>ハワイ旅行の全記事一覧に戻る