これぞ東京No.1のシーザーサラダ! ウエストパークカフェ@羽田空港店、飛行機に乗る前にとにかく寄りたい逸品サラダのお店!

シェアする

羽田空港から飛行機に乗るとき、普段は出発時刻の30分前に到着しているんですが、今回は、東京No.1のシーザーサラダ をどうしても食べたくて・・・

スポンサーリンク

5年ぶりに食べたそのお味は、今も変わらず絶品すぎました!!!

ウェストパークカフェ 羽田空港店

ということで今回立ち寄ったのが、羽田空港内にある ウェストパークカフェ 羽田空港店

第二ターミナル(=ANAがメインの方)の3F、B搭乗口の近くにあります。基本的には、カジュアルテイストなハンバーガー屋さんです。

今回は日曜日の夕方の時間帯だったので「がっつり食べる人」や「一杯飲んでから飛行機に乗る人」など、いろんなお客さんがおりました。

カーサ・ブルータスで「東京No.1のシーザーサラダ」に選出

こちらのウェストパークカフェ、何がすごいかというと

Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2000年 07月号 の「TOKYOベスト100」特集にて

casatokyo100

東京No.1のシーザーサラダに選ばれたお店なんです! なんとそのお店は、都内一等地ではなく実は羽田空港内にあるんです。

どうしてもどうしても、このシーザーサラダが食べたくなって、搭乗前の軽食ということにしてお店に入りました。

シーザーサラダ「のみ」のオーダー。期待を裏切らない!

というわけで、ハンバーガーやおつまみには目もくれず、シーザーカルディニサラダ、レギュラーサイズを単品オーダー。

5分ほどして、お待ちかねの一品がやってきました!「ブラックペッパーかけますか?」とテーブルで聞かれるので「たっぷりで」と伝えましたよ。

そのシーザーサラダがこちらです!

直径28センチほどの大皿で、どどーんとシーザーサラダ。小さなバケットも一緒についていました。

ロメインレタス、紫レタスなど、パッと見で3種類ほどのレタスと、厚切りのチーズが2切れ

というシンプルなこの、シーザーカルディニサラダなんですが、とにかく濃厚なシーザードレッシングが、とにかく絶品なんです!!

このドレッシングの味だけで、ご飯が食べられちゃうくらい(笑) ひき肉とかを加えて丼にしてくれたら、もう絶っっっ対に止まらないね~。

1030円(税込)という料金ですが(ハーフサイズは620円)、さすがカーサ・ブルータスで東京No.1のシーザーサラダに選ばれた味。一回食べてみる価値ありです!!!

ちなみにウェストパークカフェは、代々木上原、丸の内、羽田空港にあります。お店ごとに料金が異なるようですが、シーザーサラダは羽田空港が一番お得みたいです!

ウェストパークカフェのホームページはコチラ

さぁ、5泊6日の大分出張に行ってきます~。大分でも、たくさんの美味を巡ってきます♪

<ショップ情報>

<おまけ> シーザーサラダの由来

「ローマ帝国を築いた、ジュリアス・シーザーの好み」という俗説がありますが、実際には関連がないそうです。

メキシコの町ティフアナのレストラン「シーザーズ・プレイス」のオーナー、イタリア系移民の料理人の、シーザー・カーディーニによって調理されたのが最初なんだそうです。

― 「シーザーサラダ友の会」より(諸説ありそうな印象)

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)