スーパーベントパターマット-自宅に3mパターマットを導入、本芝みたいグリーンがとにかく練習になる!

シェアする

自宅にゴルフ空間をつくろう。 その目標がどんどん進化中! 今度は長いパターマットで練習できるようになりました!

スポンサーリンク

自宅ゴルフ化計画、着々と進行中!

なかなかラウンドに行く機会は少ないけど、ゴルフを上手くなりたい!そして、息子と一緒に遊びながら、ゴルフが大好きになってほしい。

そんな想いで、自宅の室内にゴルフ環境を増やしてます。

先日は、アプローチ用マット+スポンジボールを用意してみたり

室内でアプローチ練習、はじめてみました。自宅でゴルフ、しかも15ヤード以内の集中力がつくと確信!
ゴルフの上達のためには、グリーン周りのアプローチ強化! ということで、自宅の室内に練習環境をつくってみました。

そして次に着手してみたのは、パター。

もともと、Fujitaマット1.5 というパターマットは持っていたんですが(しかも、藤田寛之プロのサイン入りという激レアもの!)

このパターマットが1.5メートルの長さなのと、カップの手前が急な上り坂になっているので、2~3mぐらいの縦の繊細な距離感がちょっとつかみづらい。

そこで、もう少し長い距離のパッティング練習ができるものはないかと探し・・・本芝感覚にこだわったという、パターマットを発見しました!

スーパーベント、本芝感覚の3mパットが届きました!

そのパターマットがこちらです!

スーパーベントパターマット という商品です。長さは3m、4m、5mとあり、リビングを採寸して3メートルにしました。幅も30cm、45cm、90cmとあるので、スペースに合わせて決められます。

オーダーして3日後、筒状の箱で到着しました。さっそく開封!

IMG_2473.JPG

ロール状の芝生をリビングに広げると(ちなみに向きが逆なので、「コロコロ~」と転がして設置はできません 笑)

長ーいパターマットを敷くことができました!

スーパーベントパターマット一押しの距離感マスターカップ(=カップを30センチオーバーで打たないと入らない器具)や、傾斜をつけるための切れ端も付いています。

スーパーベントパターマット、実際に打ってみた!

さぁ、さっそく打ってみましょう。

芝生の向きによって、順目と逆目の2段階のグリーンスピードになります。2段階のグリーンスピードで、これは練習になります。

スーパーベントパターマットで打ってみました。

そうそうそう!まさにこの感じを求めていたんですよ!! カップ前が上り坂のパターマットだとわかりづらい、微妙な距離感までイメージしながら練習できますね。

しかも、2種類のグリーンスピードが味わえるのがいい!

8~9フィートぐらいのコースを回るのが多い方なら、基本は逆目で練習をするとスピードの間隔が近いですね。逆に順目の方はよく伸びるので、下りの2mパットのようなイメージでジャストタッチの練習にもなりそうです。

ただ、3mではなくて4mにすれば良かったかな~。両サイドのスペースが余ったので、そこがもったいなく感じます(笑) なので、最初によく採寸をしてから、長めのパターマットにするのがオススメですよ!

これで、自宅でアプローチと3m以内のパットができるようになりました。息子くんと自宅ゴルフで遊びながら、そして気づいたときに上手くなっている。そんな青写真を描いています♪

<今回用意したのはコチラ>

<広々としたリビングがあれば、ロングパットの練習にも>

※上記リンク先から、各サイズの商品にも飛べるので、ぜひ自宅に設置するのを妄想したり寸法を測ったりしながら、楽しく探してみてください(^^)

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)