室内でアプローチ練習、はじめてみました。自宅でゴルフ、しかも15ヤード以内の集中力がつくと確信!

シェアする

ゴルフの上達のためには、グリーン周りのアプローチ強化! ということで、自宅の室内に練習環境をつくってみました。

スポンサーリンク

パーオン率が低いからこそ、アプローチを強化したい

ゴルファーにとって当たり前といえばその通りなんですが、最近の悩みの一つが「練習したものは上手くなるけど、サボってるものがすぐに退化する」

そして、アプローチやパターなど、地道な練習が必要な小技ほど、すぐに手を抜きやすいんですよね。

とはいえ、アマチュアゴルファーといえば、パーオン率が低いもの。私の場合は、平均スコア92、パーオン率31.5%です(直近15ラウンド)。つまり、70%近くのホールにおいて、パーオンしていません。

アプローチ練習場に通うことも検討しましたが、30分で500円~900円ほどかかるのと、自宅近くに場所がないので、なかなか苦慮していました。ちなみに、GDOゴルフ練習場ガイドで詳細条件を入力すると、ゴルフ練習場を調べられます!

室内にアプローチ練習環境をつくることに

上達のためには、アプローチ練習が必要です。さて、どうしたものか・・・と検討した結果

室内にアプローチ練習環境をつくることにしました!

  • 実戦を想定しながら、本物のゴルフクラブを使えること
  • 周りを気にせず、かつ家財道具を傷つけないこと
  • できるだけ低予算で

ということを優先にした結果、用意したのはコチラです

ダイヤ ベタピンアプローチ TR-407

ダイヤ ツーウェイマット TR-408

そして、ゴルフボールの代わりに

タバタ スピナーボール GV-0305(最大飛距離30メートルのボール)

ツーウェイマットなので、フェアウェイマットとラフマットの2種類あります。おーい、練習するんだから早く返してくれー。

自分が打つよりも前に、息子くんに場所を取られました(笑)一番奥行きのとれたリビングに、マットとネットを用意して・・・

リビングでランニングアプローチを練習してみました

さぁ試しに打ってみるよ~!

静止画だとイマイチ伝わりづらいので、動画にしてみました。スピナーボール(最大飛距離30メートル)を使用して、実際にアプローチ練習をしてみると、こんな風に飛びます。

ボールが柔らかいのでイメージ通り(^^) もしミスしてトップしてもオーバーしても、周りの家具を傷つけることはないですね!

スピナーボールなら、キャリー15ヤード以内を強化できる!

やっと場所を変わってもらえたので(笑)、ふじたんも実験です。ちなみに、マットからネットまでの距離は約3ヤードです。

振り幅とボール位置を変えてみながら、ランニングアプローチを打ったり、少しふんわりさせたり。スピナーボールを使うことで、キャリーで15ヤードくらいまでの距離感は出せましたね(感覚としては)

そして、更にわかったことが! ボールの打点をとにかく意識しながら練習ができます

インパクト時に左ひざが上下してしまうのが私の弱点なんですが、この室内アプローチでも、ちょっと打点がずれるとすぐにわかります! 縦の距離感の練習だけでなく、フォームを固めて打点を安定させるための集中力が身につきます! これは予想外のうれしい発見!!!

スピナーボールなら、音も問題なく夜でもOK!

横で嫁さんが昼寝していましたが、まったく音で起きることもありませんでした(あとでFacebookの投稿を見て気づいたって・・・笑)

音も立てずに静かにできることも証明できたので、これなら仕事帰りとかの、家族が寝静まった後の自主練もできますね♪ さぁ、どんどんアプローチを上達させますよー。

<今回使用したゴルフ用品はこちら>

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)