ブリストルヒルゴルフクラブ、超狭くて難しいと評判の邸宅付ゴルフ場でラウンド! 朝食&練習編

シェアする

石川遼選手も購入したという「ゴルフ&邸宅」が一体の場所、ブリストルヒルゴルフクラブでラウンドをしてきました!

スポンサーリンク

ブリストルヒルゴルフクラブとは?

ブリストルヒルゴルフクラブ(Bristol Hill Golf Club)

そこは、ゴルフと富裕層向けの邸宅が一緒になった施設。石川遼選手も邸宅を購入したことで、数年前に話題になった場所です。

参考記事:

石川遼も買った邸宅つきゴルフ場の「評判」 -Sportsプレミア

東京湾アクアライン経由で、都心から1時間ほどのアクセスです。絶好の天気の今日は、早稲田(高田馬場)から車で70分ほどで到着しました。

入口のゲートを見た瞬間、テンションMAXに!

富裕層向けの邸宅があるので、とにかく入口からビックリします。なんと・・・ゲート付き!

このゲートが勝手に開いて、中に進むことができました。何を基準に判断しているのかは・・・わかりません(笑)

トンネルを抜けると

そこは、とにかく自然を生かしたゴルフ&レジデンス(川端康成風?笑) 一気にテンションが上がってしまいます!!

朝食バイキングが美味しい!

ブリストルヒルゴルフクラブといえば、モーニングブッフェが有名です!

北川鶏園の卵かけごはん(通称:TKG)、野菜たっぷりのカレー、新鮮野菜のサラダや惣菜などがありました。僕がTKGというフレーズを知ったのは、実はこのゴルフ場。

ゴルフ場の自然を見ながら朝食、これは気持ちいいね~。カツオベースの和風だしが効いた、「蕎麦屋のカレー」という感じでした!

天然芝の練習場、ここがジツは曲者です(笑)

首都圏のゴルフ場では珍しい、天然芝の練習場がついています。(というか、ふじたんのゴルフ人生では初めて)

全6打席ほどで込み合うので、1人1カゴ(20球200円)のみ。天然芝でティーも刺せるので、ティーは自分所有のものを使用します。

とはいえ、これは練習になるなぁ~!と思っていたら、思わぬ事態が待っていました・・・。

・・・ティーが目の前の茂みに吹っ飛んで、消えてなくなるの(笑) 勝負ティーを使ってドライバー練習をしていたら、1球でなくなりました。コースなら必死に探すんだけど、周りの人が打っているので探すに探せず。あきらめざるを得ませんでした・・・(涙)

6月の梅雨の合間に、30℃を超える絶好の天気、というか暑い!たっぷり汗をかくことを予想して、この日は「3リットルのリラックマボトル」+「2リットルのスポーツドリンク」

5リットルのお水を持参して、いざラウンド開始です~。

次回はラウンド編につづきます!

ブリストルヒルゴルフクラブ、超狭くて難しいと評判の邸宅付ゴルフ場でラウンド! 前半ハーフ編
とにかく狭くて難しいと評判のゴルフ場、「ブリストルヒルゴルフクラブ」のラウンドレポ、まずは前半編です!

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)