≫ 全カテゴリ一覧(サイトマップ)

ザ・ミラージュのプール情報│料金、子連れ可否、レンタル、ドリンクや売店の種類は?ラスベガスの酷暑をしのげるいい場所!

スポンサーリンク

ラスベガスにて、TOPGOLF(トップゴルフ)という場所で「ありえないゴルフ体験」をしてから、宿泊先の「ザ・ミラージュ」(ミラージュカジノ&リゾート)に戻りました。

 

外は40度超えの酷暑でゴルフ練習場にいったので、ゆっくりくつろぎたい!ということでホテル併設の屋外プールを体験!ラスベガスの酷暑からかけ離れた、非日常な空間をたっぷり紹介しますー。

「ザ・ミラージュ」の宿泊レポートは、以下から確認をどうぞ!

【宿泊レポ】ザ・ミラージュ(ミラージュリゾート&カジノ)スイートルームとツインルームのお部屋設備とレビュー

 

ラスベガス観光におすすめ!

CHECK NOW

ザ・ミラージュ│屋外プールの基本情報

ザ・ミラージュの屋外プールの営業時間

今回宿泊したホテル「ザ・ミラージュ」(ミラージュ リゾート&カジノ/The Mirage)には、宿泊客専用の屋外プールがついています。

営業時間は「8:00~19:00」となっており、ナイトプールはありません。

ザ・ミラージュの屋外プール

タオルレンタルも何枚でも無料!

プールの入口は脇にあります。パラソルやコインロッカーが置いてあるのでわかりやすいですよ。

受付でタオルをレンタルできます。タオルは何枚でも無料で借りられるという太っ腹ぶり!

詳しくは後に述べますが、タオルは1人2枚以上を借りることを激しくオススメします。なお、コインロッカーは10ドル/日かかります。

タオルは何枚でも無料で太っ腹!

 

プール脇にリクライニングベッドが数100台はあるので、お好みの場所を確保しましょう。そして寝転ぶとわかります。

屋外プールの横にはリクライニングシートが多数

 

「ギンギンの太陽に熱されたベッドがとにかく熱い!」

 

背中がめちゃくちゃ熱くて火傷しそうになって、タオルが2枚必要なんですよ・・・!1枚だけだと、背中か脚のどちらかにしか敷けず、タオルがないと身体が焼けます(日焼けではなく、ほんとに丸焼きにされそうなレベル)

子連れでも入れて、家族にも嬉しい!

また、こちらの屋外プールは子連れでも入れます(おそらく)

「Adult Only」のような表記や受付でのパスポート提示もなく、写真をすべて見返してみても家族連れで小学生ぐらいの子供たちも複数が入っていたんですね。

そして、監視員さんが注意している様子もありませんでした。

CHECK NOW

ザ・ミラージュの「ドルフィンバー」でドリンクを買ってみた

ザ・ミラージュには売店もあります

プールサイドには「売店」もあります。

日本でいう「海の家」のような火を通したものというよりも、スナックやボトルドリンクが購入できます(公園にある売店に近いです)

ザ・ミラージュの屋外プールの売店

 

ドルフィンバーというプールサイドバーもあります

せっかくなので「ドルフィンバー」(Dolphin Bar)というプールサイドバーにも行ってきました!

ドルフィンバー(Dolphin Bar)というおしゃれなバーも!

 

こちらで「ドルフィンバー」(Dolphin Bar)は、ぐるっと円形で20名ほどのカウンター形式+テイクアウト方式。

TVがあってスポーツ観戦をしつつ語らいつつ、やしで囲った屋根の中で開放感のあるときを過ごせます。

ドルフィンバーは解放感のある店内!

 

ビールもカクテルも、ソフトドリンクもあります。それぞれ12オンス(約340ml)の普通サイズと、32オンス(約900ml)の特別サイズ。

ドルフィンバーのカクテルや飲み物メニュー

 

フードメニューは裏面にあります。タコスやサラダ、スナックなど。

ドルフィンバーのフードメニュー

スポンサーリンク

外は40度超えの中、プールで極楽気分を堪能!

32オンスのドリンクでインスタ映えに挑戦!

ドルフィンバーのドリンクは、32オンス(約900ml)を頼むとミラージュ特製のカップに入れてくれます。

レモネード(10ドル)をオーダーしました。

 

32オンス=約900mlというずいぶんな量なんですが、どうしてもこの一枚を撮りたかったの!!!

32オンスのレモネードとザ・ミラージュの屋外プール

 

プールの中に入り、片手にドリンク、片手にスマホ。ちょっとでも脚を滑らせたらアウト。そして、意外と両方を一度に入れられるポジションがなく、軽くヒヤヒヤしました・・・(笑)

※誰か一緒にいたら、横から撮ってほしかったレベル。

 

無事に写真を撮り終えたら、900mlを一気に飲み干しました。普通サイズのカップとの大きさの違いも一枚(笑)

左=32オンス(約900ml)、右=12オンス(約340ml)

外は40度超えのなかプールで極楽気分!

外はギラギラで日本では考えられないレベルの灼熱の太陽の中、プールに入りながら極楽極楽〜。

「ザ・ミラージュ」といえば「火山」が有名なホテルなんですが、「滝」や「熱帯雨林」とかが施設内にしっかりとあり、ギラギラの直射日光のエリアだけでなくしっかり陰になる場所もあります。

 

あ、40度を平気で越えてくるので・・・とにかく日焼けには注意ですよ!

CHECK NOW

スポンサーリンク

ラスベガス滞在中はプールも楽しもう!

陰になっている場所のリクライニングベッドにタオルを敷いて読書しながら過ごしつつ、子どもたちはプールで遊ぶ!

 

「ザ・ミラージュ」のプールもじつに快適でした!

ウォータースライダーなどのアトラクションはありませんが、ラスベガスに2泊以上するなら、2~3時間滞在して子どもたちと遊びながら、キンキンに冷えたビールやカクテルでゆったり。

そのような過ごし方もおすすめですよ。

 

ショップ情報

  • ザ・ミラージュ(ミラージュリゾート&カジノ)
  • 住所:89109 NV ラスベガス 3400 Las Vegas Blvd S
  • 営業時間:8時~19時
  • 料金:宿泊客のみ利用可、無料
CHECK NOW

 

ミラージュ リゾート&カジノ」(ザ・ミラージュ)は、以下から予約できます。

 

ザ・ミラージュに来たら「クレービングス」のバフェ(食べ放題)がおすすめ!ディナーでアルコール飲み放題で30ドルほどでリーズナブル!

クレービングス│ラスベガス ミラージュのバフェは、食べ放題・アルコール飲み放題!旅の疲れを癒してくれるお店

 

ラスベガス、セドナやグランドキャニオンをお得に楽しもう!

現地オプショナルツアーを探すなら「VELTRA」が種類豊富でおすすめ。また、「JTB」もお得なセールが多数あって実は安いんですよ。

もちろん日本語ガイド対応なので、外国語が苦手でもオリジナルな旅をつくれます!

ラスベガス観光におすすめ!

CHECK NOW

スポンサーリンク

ラスベガス・セドナ おすすめのレジャー&グルメ情報

ラスベガス・セドナをとことん満喫!おすすめのレジャーとグルメ情報を紹介します。ぜひ旅の参考にしてください!

ラスベガス シャトルバスで空港からホテルへ移動。タクシーよりも確実に安く、実は簡単に使えて便利! トップゴルフ(TOPGOLF)|ゴルフ練習場が根本から変わる!仲間や家族で楽しむレジャー施設は驚きだらけでした! セドナ旅行におすすめの持ち物と服装│夏の灼熱のパワースポット巡りに役立ったもの9選 Tii Gavo (ティー ガボ)│セドナ「エンチャントメント・リゾート」内のレストランで絶景ランチ。メニューや料金は?
CHECK NOW

ラスベガス・セドナ旅行の全記事目次

スポンサーリンク

6 Comments

いちのせ

こんにちは〜 夏にLV行く予定で前からとまってみたかったミラージュと思ったのに、2019年版のるるぶにミラージュのプールは21歳以上ってなっているのですが、ほんとうですかね?

ふじたん

こんにちは!
2017年夏に訪問したときの写真をすべてチェックしたら、子供たちもプールに入っていましたね。
現地でも「Adult only」のような表記や、監視員の人の注意も見かけませんでした。
ただ、水深が結構深いのでご注意ください~(120センチぐらいあったと記憶しています)

いちのせ

ふじたんさん

わざわざ写真をチェックしてくださってありがとうございます! 他のガイドブックにも書いてないので、たぶんビーチクラブのことなんじゃないかなと予測しています。
水深も気をつけますね。ありがとうございます。娘より私のほうが気をつけないとですが^^;

ふじたん

いちのせさん

ご丁寧にコメントありがとうございます^^
ぜひ素敵な旅行を楽しんできてくださいね!

ラスベガス、セドナの旅情報もサイト内にありますので、
もし他に参考になりそうな情報がありましたら、活用してみてください~♪
(あ、夏でしたらめっちゃ暑いので水分補給をしっかり!)

いちのせ

ふじたんさん

先週行ってきました!
Mirageのプール子どもも入れました。暑かったので気持ちよかったです♪

ふじたん

いちのせさん
ラスベガスに行ってきたんですね!いいなぁ~。
Mirageのプール情報もありがとうございます!お役に立ててうれしいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

konoha