記事を探す方は全カテゴリーへ

弥満喜(やまき)|奥久慈しゃもの親子丼の名店で「親子丼の卵なし」を頼んだら、とんでもない大失敗でした・・・

ふじたん(@shinjifujita)です。茨城県久慈郡の有名グルメといえば、奥久慈しゃも。大子広域公園グリンヴィラでのキャンプ場に到着前に、腹ごしらえを兼ねて堪能してきました。

 

今回訪れたのは「弥満喜」(やまき)という、常陸大子にある鳥料理がメインの割烹料理屋さん。

美味い地鶏を食べたい!という方にピッタリの場所です。常陸大子駅からも近いので電車旅行の合間に訪れることも可能!

 

弥満喜(やまき) お店の基本情報

今回狙いを定めたのは「弥満喜」(やまき)という割烹料理屋。

JR水郡線の常陸大子駅から徒歩5分ほど、駅から国道118号方面の一方通行のメイン通りを通ります。しばらくすると、右側に茶色い看板が見えます。

 

駐車場の奥にお店があります。

 

テーブル席が4席、奥には個室もあります。

8月下旬の火曜日のこの日。テーブル席は11:30時点ではほぼ空席でしたが、一気に人が入ってきて11:50くらいには満席に。早めに着いてよかったー。

 

親子丼の「卵なし」をオーダーしてみた

ランチメニューを紹介

奥久慈しゃもを使ったメニューが多数あります。その主要メニューを紹介。

 

▽奥久慈しゃも天婦羅、奥久慈しゃも塩焼き

 

▽奥久慈しゃも鍋、しゃもすき鍋

 

▽参鶏湯ならぬ、シャモゲタン

 

そして中でも一押しは、朝採りしゃも卵の奥久慈しゃも丼「極み」

 

ムネ、モモ、ささみ、手羽元、レバー、砂肝、ハツと、7種類の奥久慈しゃも肉が入った「極み」と、ムネ、モモの2種類のみの丼もあります。

ここはやっぱり、奥久慈しゃも丼「極」を食べたい! ただ私、実は火の通った卵が大の苦手なんです・・・。しゃも鍋も気になるけど、2人前からだし夏に鍋ってちょっと違うし。

 

恐る恐る聞いてみました。「卵なしってできますか?

 

予想外の質問に、ホールのおばちゃんが慌てて厨房に行き確認すると「ご飯とお肉を別々に出しますね」とのこと。茨城りんごサイダーを呑みつつ、しばらく待ちます。

 

「親子丼の卵抜き」は大失敗。塩焼き+定食がベスト

結論から言うと、親子丼の卵抜きは大失敗でした・・・。

親子丼卵抜きの盛り付けは?

「親子丼卵抜き」の盛り付けはこちら(ホント、無理言ってゴメンナサイ)

 

要するに、様々な部位のしゃもの煮物定食になったんですが、煮物になると「軍鶏肉の部位」が実にわかりづらい。

そして卵のボリューム感がないので、量も少なく感じるんです。

 

いやーーー、失敗したーーー! 食べながら選択ミスしたことを、激しく後悔しました。

 

奥久慈しゃもをたくさん味わいたい!でも卵は苦手!

となるとどうするのがいいか。後から聞いてわかったんですが、実は+300円で「定食メニュー」ができるとのこと(先に聞きたかった・・・><)

 

なので「卵なし」にどうしてもしたい!という僕みたいな人は

  • 奥久慈軍鶏の塩焼き(ムネ、モモ、手羽先など6種類の焼鳥)
  • 定食セット

 

という組合せにすべきでしたね。もしくはぜひ「軍鶏の塩焼き定食」をメニューに加えてほしいです(卵よりも鶏肉を食べたい人って、絶対にいるはず!)

 

注意

「朝採りしゃも卵の奥久慈しゃも丼」の方は、しゃも肉の種類だけでなく、お肉自体の量もかなり少なめ。「新鮮すぎる卵をメインに味わう丼」とのことです(by嫁さん)

 

もし寒い時期に行くならやっぱり、しゃも鍋も食べてみたいですね。滅多にいかない街に、また一つリベンジしたいお店ができました。

 

<今回紹介したお店>

  • 弥満喜(やまき)
  • 住所:茨城県久慈郡大子町大子741-1
  • アクセス:JR水郡線常陸大子駅 徒歩5分、駐車場あり
  • TEL:0295-72-0208
  • 営業時間:11~15時、17~22時、水曜定休
  • ホームページ:https://tabelog.com/ibaraki/A0805/A080503/8001341/

 

茨城北部に来たら寄りたい!レジャー&グルメスポット

ここは本当に絶品!遠出してでも食べたくなる慈久庵(じきゅうあん)のそばを竜神大吊橋の近くで堪能

慈久庵(じきゅうあん)│茨城「食べログNo.1」のそば屋へ奥久慈まで訪問。行き方、待ち時間、メニューは?

 

ひたち海浜公園で遊ぶ前後に!ひたち海浜公園の周辺おすすめグルメをまとめました!

ひたち海浜公園 周辺おすすめグルメ7選│コキアの紅葉鑑賞の前後に寄りたい、海の幸やご当地グルメを紹介!

日立・北茨城方面のおすすめグルメ&レジャースポットを紹介!

CHECK NOW

茨城旅行 全記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です