≫ 【5月31日まで】JALハワイウィーク+の旅行がお得!

山を制する者は箱根駅伝を制すって本当?大会・大学ごとに毎年の「山タイム」と「平地タイム」を順位づけしてみた!

法政大学出身のふじたん(@shinjifujita)です。毎年の1月2日・3日の風物詩といえば箱根駅伝。

我が家では、親子三世代集まってずーーーっとテレビに見入ってしまうのが恒例行事です。箱根駅伝を見ないと1年が始まりません。

 

そういえば・・・「山を制する者は箱根駅伝を制す」という格言って本当なのかな?

 

気になったので調べてみました。今回は、山(=箱根駅伝における特殊区間の5区と6区)と平地(1~4区、7~10区)に分けて、歴代の大学ごとのタイムや順位を徹底調査しましたよ!

箱根駅伝マニアの方なら、まちがいなく気になる内容!

箱根駅伝:山タイムと平地タイムの算出の仕方

今回調査してみたのは、以下の方法です。

CHECK!
  1. 箱根駅伝の各大会ごとの、各大学の総合タイムや順位を確認
  2. 「5区山上り」+「6区山下り」の合計タイム(=山タイム)を算出
  3. 「総合タイム」から「山タイム」を引いて「平地タイム」を算出

 

箱根駅伝の毎年の各大学・各区間のタイムの確認に使用したのは、以下のサイトです。

今回は、第87回箱根駅伝~第95回箱根駅伝(箱根駅伝2011~箱根駅伝2019)の9年分を調査しましたよ。

第87回~第95回箱根駅伝:大会・大学ごとの山タイムと平地タイム

それでは、各大会の記録を順々に発表しますね。

「総合優勝=総合タイムで1位、山優勝=5区・6区のみで最速、平地優勝=残り8区間(1~4区、7~10区)で最速」という定義です。

 

第95回箱根駅伝(箱根駅伝2019)

第95回箱根駅伝の記録はこちら!

 

総合優勝=東海大学、山優勝=東海大学、平地優勝=東海大学

東海大学が悲願の初優勝!山登りも山下りも区間2位で走り、8区小松陽平選手の区間新で青山学院大学を逆転!

平地+6区山下りで見ると、東海大学と青山学院大学はわずか7秒差でした。

 

第94回箱根駅伝(箱根駅伝2018)

第94回箱根駅伝の記録はこちら

 

総合優勝=青山学院大学、山優勝=法政大学、平地優勝=青山学院大学

東洋大学が1区区間賞から往路優勝までに逃げるも、青山学院大が6区で逆転して1位に立ち4連覇を達成!5区山登りで法政大学の青木涼真選手が9人抜きの快走で区間新!

 

第93回箱根駅伝(箱根駅伝2017)

第93回箱根駅伝の記録はこちら

 

総合優勝=青山学院大学、山優勝=中央学院大学、平地優勝=青山学院大学

青山学院大が3区で1位に立ち、そのまま先頭を譲らず3連覇達成!駒澤大学は4区中谷選手のブレーキがなければ、往路優勝争いはきっと大接戦でした・・・。

 

第92回箱根駅伝(箱根駅伝2016)

第92回箱根駅伝の記録はこちら

 

総合優勝=青山学院大学、山優勝=青山学院大学、平地優勝=青山学院大学

青山学院大が10区間中6区間で区間賞、1区から先頭をゆずらずまさに圧勝で2連覇達成!

 

第91回箱根駅伝(箱根駅伝2015)

第91回箱根駅伝の記録はこちら

 

総合優勝=青山学院大学、山優勝=中央学院大学、平地優勝=青山学院大学

青山学院大学が初優勝!神野大地選手という「新・山の神」が降臨した大会。なんと5区だけで2位に2分30秒もの大差!

 

第90回箱根駅伝(箱根駅伝2014)

第90回箱根駅伝の記録はこちら

 

総合優勝=東洋大学、山優勝=日本体育大学、平地優勝=東洋大学

東洋大学が2年ぶりの優勝。5区山登りに設楽啓太選手という勝負手で見事に区間賞達成!

 

第89回箱根駅伝(箱根駅伝2013)

第89回箱根駅伝の記録はこちら

総合優勝=日本体育大学、山優勝=日本体育大学、平地優勝=日本体育大学

日本体育大学が5区に3年生エースの服部翔大選手を投入!見事に区間賞を達成して、復路もそのまま安定した走りで逃げ切りました。

 

第88回箱根駅伝(箱根駅伝2012)

第88回箱根駅伝の記録はこちら

 

総合優勝=東洋大学、山優勝=東洋大学、平地優勝=東洋大学

「山の神」柏原竜二選手のラストランは、5区の先頭でタスキを受け取った時点ですでにトップ。そのまま区間新の走りで、往路終了時点で2位早稲田大学に5分07秒の大差

 

第87回箱根駅伝(箱根駅伝2011)

第87回箱根駅伝の記録はこちら

 

総合優勝=早稲田大学、山優勝=東洋大学、平地優勝=早稲田大学

早稲田大学が5区で東洋大学の「山の神」柏原竜二選手に逆転されるも、6区山下りで再逆転!東洋大学は8~10区で3連続区間賞の猛追も及ばず。

早稲田大学と東洋大学の差はわずか21秒(1人あたり2秒)で、「その一秒を削りだせ」という言葉が生まれた年です。

 

<下につづく>

スポンサーリンク

総合優勝には平地が重要、大きな順位変動は山の神しだい?

第87回箱根駅伝~第95回箱根駅伝(箱根駅伝2011~箱根駅伝2019)まで、8年分の記録をまとめてみました。

改めて読み取ると、いろいろと気づくところがありますね。

総合優勝するには平地を制する必要がある

第87回箱根駅伝~第95回箱根駅伝の9大会に共通して「平地優勝」の大学が総合優勝しています。

特殊区間といわれる5区山登り6区山下りだけでなく、やはり残りの8区間で安定した実力を発揮することにより、総合優勝に近づくんですね。

 

山を制するとシード権に大きく近づく!

では、5区6区の特殊区間は重要ではないの?その考えは全く異なるんですよ。

シード権を確定させたり、大きく順位をジャンプアップさせたりするためには、やはり箱根の山を制することが大事なんですね。各大学における「山の神」がいるかで大きく左右されます。

 

山タイムで3位以内に入ってシード権が取れなかったのは、第91回・第92回箱根駅伝の日本大学のみなんですよ。

MEMO

実力に劣る大学が「エースを山登りに配置してシード権を取りに行く!」という意味では、この時の日本大学はすごく勝負をかけていました。

2年連続でエースのダニエル・ムイバ・キトニー選手を投入し、見事に山で追い上げたんですよ。

  • 第91回箱根駅伝(日本大学):総合13位、山2位、平地19位
  • 第92回箱根駅伝(日本大学):総合11位、山1位、平地17位

 

平地でシード権内から引き離されない状態を作れれば、特殊区間の山でジャンプアップの可能性が見えます。山の神がいるとやっぱり強い!

一例
  • 2018年:法政大学(平地11位、山1位→総合6位)、中央学院大学(平地14位、山3位→総合10位)
  • 2017年:中央学院大学(平地11位、山1位→総合6位)、日本体育大学(平地12位、山2位→総合7位)

 

<下につづく>

スポンサーリンク

2011年~2019年の大会別順位を一覧にしてみました

「山に強い大学」「山に弱い大学」の傾向はあるのかな?実際のところはどうなんでしょう?

箱根駅伝の「山順位」を、9年分まとめて一覧にしてみました。

 

特筆すべきは早稲田大学の安定感!

2011年~2018年まで連続して総合5位以内をキープしているのは早稲田大学と東洋大学だけ。中でも、早稲田大学は山だけでも「3位~7位」と常に安定した順位をキープしています!

中央学院大学も、2015年4位、2017年1位、2018年3位と上位をキープしています。これもシード権を継続できるポイントの一つですね。

MEMO

早稲田大学は箱根駅伝2019に限ると山順位は15位。そしてシード権から陥落しました(平地8区間のみでは9位相当でした)

 

今回は「山を制する者は箱根駅伝を制すって本当?」という、ちょっとマニアックな着眼点での箱根駅伝の特集記事でした!

<下につづく>

スポンサーリンク

箱根駅伝の関連情報集

箱根駅伝を楽しくちょっとマニアックに。観戦者目線とランナー目線の記事です。

箱根駅伝 復路の逆転は最大で何分差・何位からできた?今までの記録をすべて調べてみた! 箱根駅伝のシード校とは?復路での「逆転シード権」獲得の順位やタイム差の目安を調べてみた 箱根駅伝2019:法政大学が総合6位で3年連続シード権!過去の最高順位や名場面は?

 

青山学院大学はやっぱりすごい。一つ一つの書籍が実に学びになります。

マラソンで絶対にしてはいけない35のこと 中野ジェームズ修一│箱根駅伝「青学4連覇」を導いた、マラソン前に読みたい一冊! フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉ー原晋│部長以下のマネジメント層の学びの大きい一冊
CHECK NOW

Amazonで箱根駅伝の本を探す

箱根駅伝を見たら走りたい!マラソンのおすすめ持ち物や練習方法は?

箱根駅伝を観戦したら走りたくなった!

サブ3.5ランナーのふじたん(@shinjifujita)のおすすめ記事を紹介。

 

マラソン初心者に必要な持ち物は?練習の必需品、トレーニング時に身につける物、栄養補給や足のケア関連グッズを全てまとめました。

マラソン初心者に必要な持ち物は?練習の必需品、トレーニング時に身につける物、栄養補給や足のケア関連グッズ【全まとめ】

 

フルマラソン未経験者。ハーフマラソンも不安・・・という方向け。マラソンの基本を学べる記事から紹介します。

 

もっと早く走りたい。初マラソンでサブ4、サブ3.5を達成したい方向け。

僕はこれらの方法を使って、練習3か月・月間走行距離100km未満でサブ3.5を達成しました!

CHECK NOW

マラソン練習法 全記事はコチラ