ナイキコバートドライバー、ロフト調整機能を使って8.5°~12.5°まで一番合う角度を検証してみた!

シェアする

最近話題の、調整機能付きのドライバー。求める飛距離を実現するために、その機能を本当に使いこなせてますか?

スポンサーリンク

最近、ロフトアップが話題になっています

今年話題になっている、テーラーメイドの 「ロフトアップ」 という新理論。ロフト角17度、バックスピン量1700回転の時に、最も飛距離が出るということを提唱しています。

ナイキコバートドライバーも、8.5°~12.5°の調整機能付

ふじたん愛用の、ナイキコバートツアードライバー

こちらはロフト角度が、8.5°~12.5°まで1°刻みでの調整機能がついています。いわゆる 「カチャカチャ」 と呼ばれているやつですね。

でも、ふと疑問に思いました・・・。

そもそも、自分に一番合うロフト角、知っているようで知らないんじゃない!? 打った感覚を頼りに 「カチャカチャ」 してその都度調整しているけど、それが本当に最適なのか、わかっているようでわかっていない気が・・・。

そうだ、ロフト角ごとにデータを取って比較してみよう!

シミュレーションゴルフGOLFZONで検証してみました!

というわけで、シミュレーションゴルフGOLFZONを使って検証です。風とか自然条件に左右されない分、シミュレーションゴルフの方が客観的にデータが取れますからね!

<検証方法はこちら>

  • 使用機種: GOLFZON VISION
  • 各ロフト角で5球ずつ、一発勝負で打ちます
  • ロフト角の違いで打ち方を変えないように、バラバラの順番で試打。「12.5° → 8.5°  → 11.5° → 9.5° → 10.5°」という順番にしました
  • 試打者:ふじたん(平均スコア:90、ドライバーの平均飛距離:240~250ヤード、持ち球:ドロー?)

まずは、12.5°から検証開始!

1球ごとに、飛距離や方向が表示されます。それを見ながら、5球連続で打ちます。

統計データはこちら。飛距離、打ち出し角、ヘッドスピード、左右の曲がり幅など、各種データが表示されます。

5球打ち終わったら、カチャカチャしてロフト角を調整します。

これで、12.5°→8.5°に変わりました! また5球連続で打ちます。

・・・という流れで、5種類のロフト角で5球ずつ、合計25球の試打が完了。さぁ次は、データを検証。どんな結果が出るかな~!?

検証結果をじっくり比較考察。気づきがたくさん!

ロフト角ごとの統計データを、一覧にまとめてみました。

※球筋は、以下の定義としました。(ボールの回転、着弾場所をもとに)

  • フック:左回転、真っ直ぐより20ヤード以上左に大曲がり
  • ドロー:左回転、真っ直ぐより左20ヤード以内(右に打ち出してのドローも含む)
  • フェード:右回転、真っ直ぐより右20ヤード以内(左に打ち出してのフェードも含む)
  • スライス:右回転、真っ直ぐより20ヤード以上右に大曲がり

そしてこのデータから、たくさんの気づきがありました!

●飛距離、ヘッドスピード、ボールスピードは、思っていたよりも違いがなかった。ただし、球筋には、明らかな違いが見られた。

一番飛距離が出たのは、12.5°、他のロフト角に比べて、平均飛距離が6~7ヤード増えた。ただし最初に打った分、体が元気だった可能性もあります・・・(苦笑)

●10.5°以上になると、明らかにドロー系の球が増える。逆に9.5°以下になると、「つかまった」という感触がかなり減り、フェードが増える。

これらの結果と気づきからまとめると・・・

まとめ:安定性の10.5°、飛距離を求めるなら12.5°

「10.5°が最も安定している!」という結論を出しました。

5球とも全てがドローで、しかも5球中4球は中心よりも左に10~15ヤードと安定(残りの1球は左に1ヤード)

飛距離だけを求めるなら、12.5°なのでしょうが、つかまりすぎて左に引っ掛ける怖さも感じました。一番避けたいのは、左に大きく曲がる球。だけど、飛距離もできるだけ欲しい。

ということで間を取って、10.5°が最適という判断です! さぁ後はラウンドで結果を出すだけですね~(^^)

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)