記事を探す方は全カテゴリーへ

神野大地選手のインタビュー記事から見た、マラソンで自己ベストを目指したい方が大切にしたいこと

Yahoo!ニュースのスポーツ記事に、神野大地選手のマラソン挑戦記がありました。

 

その記事内容がこちら。

ポルシェとプリウス。高橋尚子が神野大地に教えたマラソンの極意とは

 

そして読んでいる中で「あ、これってまさに、僕が東京マラソン2017で実践したことと同じだ!」とすっかり大興奮しちゃったんですね!マラソンを走る方、特に東京マラソン2018を走る方向けに、その考えをシェアする記事ですー。

 

記事内容からエッセンスを抜粋

記事内容から、印象に残ったところを抜粋します。

僕は最初からポルシェのエンジンを全開にして走っている。それではもったいないから、30kmまでは省エネ走りを覚えて、プリウスで走るようにして、30km以降からポルシェでいこうと。

それはわかっているんですが、じゃぁ、どうしたらいいのか。それを具体的に教えてもらったんです

 

もう一つ。

集団で練習する時、自分が一番強くなろうと思うんじゃなく、一番ラクに終わろうという意識で走る。そう思うことで自然とエネルギーを使わない走りが染みつく

 

これらの考え方って、実はトップアスリートだけでなく市民ランナーにも同じなんです。というかむしろ、市民ランナーの方が大切にしたいこと。

 

マラソンで自己ベストを目指す方に役立つ、3つのこと

僕が前回の東京マラソン2017で決めたこと。それは大きく3つに集約されます。これを守ったからこそ、念願のサブ3.5(3時間30分切り)を達成できたんですね。

東京マラソン2017、3時間29分21秒でサブ3.5達成しました!狙い通りのペースが見事にハマって最高すぎる一日!

 

その3つの考え方がこちらです。

 

1、序盤5kmで焦らない

東京マラソン2017のとき、サブ3.5を本気で目指してました。サブ3.5を達成するには、平均でキロ4分58秒で走る必要があります。ところが、最初の1kmは5分30秒と想定より30秒かかりました・・・。

 

この時僕はどうしたのか?

 

この30秒のロスを、2~3kmで一気に取り返すのではなく、10kmぐらいかけてじっくりリカバリーしようと決めました。30秒のロスを2kmで取り戻すと、キロ15秒早く走らなければいけない。けど、10kmならキロ3秒早くなるだけ大丈夫ですよね。

 

当日の一切のレースラップがこちら

 

2、人の力を使ってエネルギー温存

そして、序盤のロスを取り戻してから続けたこと。それが周りの人を使っての「風よけ」

 

向かい風に体力を奪われない。そのための「風よけ」って立派な戦術なんです。風が強い時に、自力で立ち向かおうとするのではなく、うまくコースを取ったりちょっと背の高い方の後ろに立ったりしながら、体力をできる限り温存する。特に集団がバラけるまでの間ほど有効です。

 

3、上半身で走る意識が大事

エネルギーを温存するためには、走り方も大事です。そのためには、下半身よりも重量を占めている「上半身を使って」走ることが大事。

すっごく簡単にいうと「超追い風が吹いているかのごとく、上半身(背筋)を前に押し出しながら走る」感じ。そうすると、太ももや股関節を省エネしながらぐいぐい進めるんです。詳しくは「マラソンは上半身が9割」という本がオススメ。

 

こちらの体験レポも、ご参考にどうぞ^^

マラソンは上半身が9割、楽RUNのナイトランに参加! 上半身を使ってフォーム変えると、脚の負担が減った! 【横浜マラソンまで18日】

 

つまり「どれだけ無駄なエネルギーを使わないか」に焦点を絞ったんです。自分の実力を最大限発揮するためには、それがもっとも確実な方法だと思ったので。

 

東京マラソンを走る方へ、気をつけてほしいこと

東京マラソンといえば、36,000人のランナーが走る「東京が一つになる日」

沿道にめちゃくちゃたくさんの観衆がいると、やっぱりテンションが上がっちゃいます!!

 

でも、1つだけ気をつけることがあります。

 

最初の5kmのオーバーペースに注意。

 

スタートしてから6km地点まで、約40mの下り坂がしばらくが続くんです。

http://www.marathon.tokyo/about/course/

 

  • スタート直後のハイテンション
  • 前にいる遅いランナーを避けて抜こうとする

 

によって、必要以上にペースが上がっちゃうんです。これは他のマラソンでも同様で、特に序盤が下り坂のマラソンコースほど要注意。ここをガマンガマン・・・といい聞かせましょう。するときっと、30kmを過ぎてもいくらか余力が残ってるはず。

 

初マラソンは完走したら自己ベスト - by 有森裕子さん

人間には限界に挑戦したくなる本能がある - 小出義雄監督

 

ぜひそれぞれのベストを目指して頑張ってくださいね!

 

<マラソンを速く走りたい!オススメ人気記事集>

レイヤートレーニング【まとめ】箱根駅伝四連覇の青学陸上部も実践、マラソン用の時短トレーニング方法

サブ3.5を3か月の練習で達成! 東京マラソン2017当日までのトレーニング、全部公開&振り返り【東京マラソン振り返り】

横浜マラソンで、サブ3.5に7分及ばず・・・。あまりに悔しいので、サブ3.5達成のために原因と対策を振り返りました

マラソン書籍6選 | 僕のサブ3.5達成に大きく貢献してくれた本をまとめて紹介します。頭で学ぶフルマラソン