≫ 【各社比較】GoToイートはどこがおすすめ?

かあちゃんの店│大洗漁港で一番人気の行列店の待ち時間やメニューは?生しらすと釜揚げしらすの2色丼が安すぎてボリューミー!

旅行が大好きふじたん(@shinjifujita)です。今回は2泊3日の茨城旅行。

大子広域公園グリンヴィラでキャンプをして、袋田の滝や「慈久庵」(食べログで茨城県No.1の絶品のそば屋さん)などでグルメを堪能して、3日目は大洗からスタート。

 

そうね~。「かあちゃんの店」がいいよ。

 

宿泊した「さわや」のおかみさんに「どこか美味いお店ありませんか?」と聞いて、返答が来たのがこのお店でした。

というわけで大洗漁港の目の前にある「かあちゃんの店」を訪問しましたよー!

 

正式名称は「大洗町漁協 かあちゃんの店」といいます。

「母ちゃんの店」とか間違えがちですが、「かあちゃんの店」が正しい店名。

 

実は、朝早くに前にまだ就寝中だった妻子をお部屋に残して「カキ小屋」という店で朝ごはんを食べたので、朝10時なのに早くもこの日2食目です(笑)

カキ小屋│大洗で朝食にガンガン焼きや刺身定食を食べるならここ!朝8:30から営業の貴重なお店、雰囲気、メニューを紹介

 

それでは「かあちゃんの店」に行ってみましょう!

大洗町漁協かあちゃんの店 アクセスと待ち時間

まずは「大洗町漁協かあちゃんの店」(かあちゃん食堂)のショップ情報、アクセス、待ち時間などを紹介します。

大洗町漁協かあちゃんの店とは?

大洗町漁協かあちゃんの店は、茨城県茨城郡大洗町の「大洗町漁協」が直営の定食屋さん。

大洗漁港の目の前にあります。大洗漁港の周辺には徒歩圏内で飲食店が10店舗ほどありますが、その中でもダントツ一番人気のお店です。

googleマップの地図は以下です。

 

「かあちゃんの店」という大きな文字と看板が目印

かあちゃんの店の待ち時間は?

「かあちゃんの店」の営業時間は朝10時〜15時までの昼営業のみです。そしてオープン前から大人気!朝9時半すぎからすでに行列ができ始めます。

 

今回訪れたのは、2018年9月1日(土)の10時10分頃。すでに1回転目の方が中に入った状態なのに、まだ10名ほどの行列ができていました。

 

行列覚悟で並ぶ必要のあるお店ですが、定食屋なのでお酒を飲み語らう感じではありません。そのため客回転は早く、今回は5分ほどで店内に入れました。

おおよそ「行列人数×1分~1分半ぐらい」で入れそうな印象でしたよ。

かあちゃんの店のメニューと店内の雰囲気

かあちゃんの店」の主力メニューや人気メニュー、店内の雰囲気を紹介しますね。

かあちゃんの店のメニューは?

店頭に飾っていたメニューボードです。

 

定番メニューとその日の獲れたての魚を使った定食メニューが、合計で15種類ほどあります。料金目安はおおよそ1,000円~1,500円の間ですね。

主なメニュー

  • スペシャル御膳(スペシャル父ちゃん御膳) ※本記事で紹介
  • とうちゃん御膳(刺身・煮魚メイン)
  • かあちゃん御膳(刺身・天ぷらメイン)
  • おさしみ定食(刺身5~6種類)
  • しらす2色丼定食(釜揚げしらすと生しらす) ※本記事で紹介
  • 生しらす丼定食

 

時期によっては「ヒラメのづけ丼」とか、その季節ならではの魚を使った御膳や定食も登場します。

生シラスがとくに大人気!

そして、このお店の一押しといえば、なんといっても生しらす!!

半分くらいの方が「生しらす丼定食」(900円)や「しらす2色丼定食」(生しらすと釜揚げしらす、1,100円)をオーダーしていましたよ。

オーダーの流れと店内の雰囲気

レジ前で注文してから空いている席に着席します。

カウンター、テーブル席を合わせて、50席ぐらいありましたね。1人でも親子孫の三世代や大人数でも入りやすいレイアウトでしたよ。

 

「かあちゃんの店」という名前の通りに、カウンターや厨房では漁師の奥さん(お母さん)たちがせっせと忙しそうに盛り付けや調理を対応しています。

大漁旗をみると「どんな魚がくるのかなぁ」とワクワクしますね!

スポンサーリンク

かあちゃんの店の「生しらすと釜揚げしらすの2色丼」を堪能!

それでは、今回オーダーした定食を紹介しますね。

スペシャルとおちゃん御膳が到着!

息子くんの注文した「スペシャルとおちゃん御膳」(1,600円)が運ばれてきました!

 

おおぉーーー、実に豪勢な朝ごはん!

煮魚と刺身3種盛りがメインの「とおちゃん御膳」にくわえて、ご飯が白米から生しらす丼にバージョンアップ!

 

これは食べる方もテンションあがるよねー。

息子くんも「美味しい!美味しい!」を連発しながら、むさぼるように食べていました。

生しらすと釜揚げしらすの2色丼定食も到着!

わたしはこちら!

「生しらすと釜揚げしらすの2色丼定食」(1,100円)にしましたよー。

 

実は、生しらすと釜揚げしらすがめっちゃ大好きなんです!たっぷりと盛られた「生しらす」と「釜揚げしらす」の二重奏を、ご飯と一緒にかきこみます!

 

生しらすが実にプリプリでプチプチ!釜揚げしらすはふっくら!

この丼だけで、朝から3杯はいけちゃいますね。そして、こんなにたくさん盛っているの1,100円なのは安すぎる!

 

東京ではこの量の生しらす丼には滅多に出会えません。確かに価値があるお店です。

「かあちゃんの店」を出たのは11時すぎ。大洗漁港で最も人気のお店は、ずっと途切れることなく行列が続いてました。むしろ10時すぎの入店前よりも行列が長いし!

 

この勢いだと、お昼前後はもっともっと行列が長くなりそうですね。

かあちゃんの店は、大洗で遅めの朝食を食べたいときにおすすめ【まとめ】

本記事は「大洗町漁協 かあちゃんの店」(かあちゃん食堂)の食レポでした。

 

東京方面からひたち海浜公園に行ってたっぷり観光をするなら、大洗で途中下車をして「海の幸の朝ごはん」をしっかり食べるのがおすすめ!

ひたち海浜公園に先に行くと、意外と海の幸がないんですよ。それならば、朝9時~10時台に大洗でしっかり朝ごはんを食べると、効率よく1日を動けます。

 

その中でも「生しらす」「釜揚げしらす」を中心に、刺身や煮魚を安く美味しくたくさん食べたい!という方にピッタリのお店でした。

テレビ東京系列「アド街ック天国」(2020年1月25日放映・冬の大洗)の第16位で登場したこともあり、さらに知名度が上がりったので、行列覚悟で。

ショップ情報

  • 大洗町漁協 かあちゃんの店
  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町字東8253-20
  • TEL:029-267-5760
  • アクセス:大洗駅から車5分、北関東自動車道(東水戸道路)水戸大洗ICから車で15分
  • 営業時間:10:00~15:00 定休日=月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始他
  • ホームページ:https://r.gnavi.co.jp/a0e3hbfk0000/

 

生しらすを自宅でも食べたい!という方には、生食用冷凍しらす「海の輝き」もあります。遠方で大洗に行けない人や「ふるさと納税」での贈答用にも。

 

かあちゃんの店と合わせて、歩いて行ける「カキ小屋」もおすすめ!朝8:30から営業しており、浜焼き(ガンガン焼き)や刺身定食が絶品でした。

カキ小屋│大洗で朝食にガンガン焼きや刺身定食を食べるならここ!朝8:30から営業の貴重なお店、雰囲気、メニューを紹介

 

前日夜に食べにいった「ちゅう心」は、お寿司や海鮮料理とお酒をたしなめるお店。実に11種類の海鮮が入った海鮮丼は、インスタ映え間違いなしの逸品!

「ちゅう心」の訪問レポート

ちゅう心│大洗の寿司・海鮮料理の地魚丼は魚が11種類も!「ネタのメモ帳」付で親切なお店

 

大洗で一泊してゆっくりしたい。おかみさんの神対応連発だった「さわや」がよかったですよ。リーズナブルなのでその分食事を豪勢にできます^^

民宿さわやの宿泊レポート

さわや│茨城・大洗の民宿は、おかみさんの”さりげない神対応”に感動!お部屋の雰囲気、設備、駐車場、お風呂は?

 

大洗・ひたち海浜公園の周辺観光のお役立ちリンク集

併せておすすめ!

スポンサーリンク

大洗・茨城に来たら寄りたい!レジャー&グルメスポット

ひたち海浜公園で遊ぶ前後に!「ひたち海浜公園の周辺おすすめグルメ」をすべてまとめました!

ひたち海浜公園の周辺おすすめグルメ【まとめ】

ひたち海浜公園周辺のおすすめグルメ7選│コキア鑑賞の前後に寄りたい、海の幸やご当地グルメを紹介!

 

茨城県内のおすすめグルメ&レジャースポットを紹介!