オノシーフード(Ono Seafood)| ハワイ名物のポキ丼はあまりに美味、食べた後にテイクアウトして仲間にもシェアしました!

シェアする

ホノルル出張編、思い出深いグルメがあと少しだけ続きます。今回は、ホノルルでNo.1と評判の「ポキ丼」!

スポンサーリンク

ハワイ名物、ポキ丼とは?

ポキ丼(ポケ丼)とは、ハワイ名物の料理の一つ。生のアヒ(マグロ)やタコなどのブツ切りに、海藻やネギなどを混ぜて味付したもので、日本の刺身文化の影響を受けているといわれる料理です。

ハワイといえば、ご存知の通り海に囲まれた場所。ということは、各地で新鮮なシーフードも獲れますもんね~。今回のホノルル滞在中に、食べたかったものの一つです。

Ono Seafood、地元の人が殺到のポキ丼屋さん!

そのポキ丼のなかでも、No.1という評判の店を聞きつけ、空いている時間に寄ってみることにしました!

それが、Ono Seafood(オノシーフード)というお店です。カピオラニ公園への入口、カパフル通り(Kapahulu Road)を北方面に歩きます。カラカウア通りとの交差点から、およそ20分ほど歩くと

右手に駐車場と1台のパラソルが見えます。一見すると地元にあるマンション風の建物。ここに、Ono Seafood があります。

お店の入口前には、イートイン用のテーブル席。4~6名がけのテーブル×2つが置いてあります。ちょっと使うのに勇気がいるかなー。

店内のメニューボードがこちら。シーフードの種類は、アヒ(マグロ)とタコの2種類。醤油、味噌、ハワイアンスタイル、スパイシー、わさびの味付けがあります。

マグロとタコのハーフ&ハーフもでき、ご飯も、白米(ジャスミンライス)と玄米の2種類から選択できます。

まずは王道でしょ! ということで、 SHOYU AHI のポキ丼をオーダーしました。ちなみに、丼メニューを頼むと、店内のドリンクコーナーから、缶ジュースかミネラルウォーターもセットで付いてきます。

マグロ、ごま油、辛さが、食欲を増進させます!

せっかくなので、どんなお客さんが来るかも見たかったので、お店入口のテーブル席で食べることにしました。

平日の夕方ということもありましたが、日本人はほぼ皆無。現地の方が、どんどん吸い寄せられるように入ってました。

こちらがオーダーした、SHOYU AHI

SHOYUというだけあり、醤油の味がメインなんですが、醤油、 オニオン、ライム、ククイ(木の実)、チリペッパー、ごま油とたくさんの味が絡んでいます。

新鮮なマグロに、思いのほかピリ辛なソースを絡めた丼。醤油味でこれなんだから、スパイシーは一体どのくらい辛いんだ・・・?

ごま油とコチュジャンを和えたような感じで、食欲増進させてくれて、とにかくご飯が一気に進みます! いやー、美味い!!

これは日本では食べられない味。みんなにもシェアしたい!ということで、追加でテイクアウトするために再び店内に入りました。「また来たの?」と、お店の方に聞かれつつ(笑)

テイクアウトのメニューはこちらです。ポキ単体でも、ポキ丼(POKE BOWL)でのオーダーもできます。

マグロのポキ(1/2lb=約225グラム) でオーダーしましたが、お店の方いわく「ご飯もトッピングする方がさらに美味しいよ」と。「じゃあ丼で」とオーダー変更したら、ご飯をサービスしてくれました! ちゃんとポキとご飯は別容器に分けてくれましたよ。

ポキだけでお酒のつまみにするのもいいですが、この味はやはり、ポキ丼にすることで更に美味しくなるみたいです。ホテル内の部屋飲みでも、同僚たちが絶賛してました。よかったよかった(^^)

<ショップ情報>

  • Ono Seafood (オノシーフード)
  • 住所: 747 Kapahulu Ave, Honolulu
  • 営業時間: 9:00~18:00(月~土)、10:00~15:00(日)

<ブログランキング>に参加しています。ぜひ応援いただけると嬉しいです!

 にほんブログ村 ゴルフブログへ 

Facebookに、Golfunのファンページを作りました!

このブログが気に入りましたら、ぜひ「いいね!」をお願いします(^^)