記事を探す方は全カテゴリーへ

第94回箱根駅伝|平地タイムと山タイムで順位を出したらどこが1位?予想外な結果にビックリ!

法政大学出身のふじたん(@shinjifujita)です。正月の風物詩といえば箱根駅伝。2018年の第94回箱根駅伝も、2日間かけてずーっと見入ってしまいました。

 

今回は第94回箱根駅伝のタイムをちょっとマニアックに調べてみました。箱根駅伝といえば、やっぱり5区山登りと6区山下りの占める影響が大きいですからね。

 

青学4連覇、母校法政は2年連続でシード権

青山学院大学の4連覇(特に6区~8区の波状攻撃がでかかった)。

一方で、青学、神大、東海の三強に次ぐ伏兵的存在だった、東洋の箱根にかける意地と1年生を3人揃えた往路での優勝にもビックリ。7区の途中まではハラハラしながら見てました。

 

そして母校の法政大学は、目標の7位を一つ上回る6位でのフィニッシュ。もしかして3位もあり得る・・・?なんてちょっと期待しながら見つつ、2年連続でシード権を獲得。

なんといっても、5区区間新の青木涼真選手・6区区間3位の佐藤敏也選手の山コンビが大きかった。しかも2人とも2年生なので、あと2年にも期待せずにはいられません。

 

とはいえ・・・ふと疑問に思ったので調べてみることに。今回の第94回箱根駅伝、箱根山と平地をそれぞれでみたら、一体どんな順位だったんだろう・・・?

 

平地タイムと山タイムを算出してみました

調べ方は以下の通りです。

  1. 全大学の総合タイムを確認
  2. 5区山上り+6区山下りの合計タイム(山タイム)を算出
  3. 「総合タイム」-「山タイム」=「平地タイム」を算出

 

「山タイム」(5区・6区)と「平地タイム」(1区~4区、7区~10区)のそれぞれで、各校の順位が一体どうだったと思います?

 

その結果がコチラです。黄色い2つの欄=山順位と平地順位です。その右側の「5区+6区」=山タイム、他8区間=総合記録から山タイムを引いたものです。

 

ランキングはコチラ

 

青学/東洋は実は大接戦、法政は実はヤバかった・・・

山順位のランキング順に並べてみました

 

おおぉ!期待通りに法政大学が山を制していた! 5区区間新の青木涼真選手に加えて、6区区間3位の佐藤敏也選手も区間賞の小野田勇次選手と46秒差の3位で激走して、青山学院大学から逃げ切った構図です。

 

一方で、シード権を獲得した10チームのうち9チームは、山順位が10位以内(8位の拓殖大学のみ、山順位が11位)でした。

結果論にはなりますが、神奈川大学(5区の失速が大きかったですね)、駒澤大学などは、山を攻略できずにシード権を失ったという構図が読み取れますね。

 

平地順位の順番に並べるとこちら

 

こちらはやっぱり、青山学院大学が制しています。

とはいえ実は、東洋大学もわずか1分58秒差。最終的には4分53秒差がついてましたが、平地だけだと実は接戦だったんですね(1人換算で15秒くらい)。そして神奈川大学が3位。

 

母校の法政大学は・・・実は平地だけだとシード落ちでした(10位と52秒差の11位)。

2年連続でシード権を獲得し、黄金時代到来♪(=少なくても数年間はシード権が安泰という意味です)と思ってたんですが、どうやら違ったみたい。このわずかな違いで明暗が分かれるのが、戦国駅伝といわれる所以ですし怖さでもありますね。

 

タスキにかける想いに心が打たれたり、母校の活躍に一喜一憂したり、それぞれの楽しみ方がある箱根駅伝ですが、今回はちょっとマニアックな記録で振り返る箱根駅伝でした。また一つ楽しみ方が増えたなー。

 

ここまで読まれた方は、きっと箱根駅伝が大好きな方。次は箱根駅伝を現地で観戦しちゃう!?

 

CHECK NOW

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』